丸帯

丸帯

スポンサーリンク

友人がうらやむハリのある毎日・2か月分の現品お試しセッ70%FF!2980円

丸帯

丸帯

女帯の一種、帯幅は、約68センチ、長さ約4m〜4m50cmの広幅の布を二つ折にし、

 

芯を入れ、幅約30cm〜32cm、長さ約4m〜4m50cm位に仕立てた帯。

 

 

全通柄が一般的です。

 

おもに花嫁衣裳に用いられます。

 

有職模様、吉祥模様等を、

 

唐織、金襴、糸錦等で織り出したもので非常に豪華なものです。

 

表裏ともに絢爛豪華な柄が織り出してあるので、

 

重くて締めにくいため、

 

現在では花嫁衣裳、歌舞伎の衣装などに限られています。

 

 

戦前までは一番格の高い帯として用いられてきましたが、

 

先ほどの理由から、

 

丸帯に代わって袋帯が明治時代から作られるようになり、

 

今ではほとんど見かけることはなくなりました。




スポンサーリンク






友人がうらやむハリのある毎日・2か月分の現品お試しセッ70%FF!2980円



二部式着物?ツーピース着物?いえいえ!きらこよしえ流『お気軽着物』です。

格安で着物を手に入れて、その着物をわずか3分で着付ける方法お気軽着物の作り方

格安で着物を手に入れて、その着物をわずか3分で着付ける方法お気軽着物の作り方

お気軽着物誕生物語はこちら



  Yahoo!ブックマークに登録する はてなブックマークに登録する livedoorクリップに登録する イザ!ブックマークに登録する

関連ページ

紋織物
綿織物の着物

ホーム RSS購読 サイトマップ
トップ メールマガジン プロフィール お気軽着物の作り方