注染中型(ちゅうせんちゅがた)

注染中型(ちゅうせんちゅがた)

スポンサーリンク

友人がうらやむハリのある毎日・2か月分の現品お試しセッ70%FF!2980円

注染中型(ちゅうせんちゅがた)

注染中型

明治時代の末期になると、

 

布の上に染料を注いで染める技法が主流となりました。

 

これは「注染中型」、「注染」といわれて、

 

長さ約1メートルの板の型紙を生地の上に置いて、

 

防染糊を全面に塗って上から染料を注ぎ、

 

下に置いた真空ポンプで染料を吸引させる方法です。

 

 

模様の色がまざらないように、防染糊をおくことによって、

 

多色染めを可能にし、両面から染めたのと同じできばえを、可能にしました。

 

白地に藍、藍地に白の一色染めの浴衣は、

 

高級浴衣という部類に入り、

 

半襟を付ければ着物としても着ることができます。

 

 

白と藍のコントラストは、夏の日差しにひときわ映え、

 

見る人着る人ともに、涼をさそう装いとなります。




スポンサーリンク






友人がうらやむハリのある毎日・2か月分の現品お試しセッ70%FF!2980円



二部式着物?ツーピース着物?いえいえ!きらこよしえ流『お気軽着物』です。

格安で着物を手に入れて、その着物をわずか3分で着付ける方法お気軽着物の作り方

格安で着物を手に入れて、その着物をわずか3分で着付ける方法お気軽着物の作り方

お気軽着物誕生物語はこちら



  Yahoo!ブックマークに登録する はてなブックマークに登録する livedoorクリップに登録する イザ!ブックマークに登録する


ホーム RSS購読 サイトマップ
トップ メールマガジン プロフィール お気軽着物の作り方