振袖(ふりそで)

振袖(ふりそで)

振袖(ふりそで)

振袖

袖丈の長い、未婚の女性の第一礼装のきものです。

 

袖丈が長いほど格調が高いとされています。

 

袖丈の長さによって大振袖、振袖、中振袖、小振袖、があり、

 

花嫁衣裳には大振袖と呼ばれるもっとも袖の長いものを用います。

 

大振袖の袖丈の長さは、三尺三寸、

 

振袖三尺、中振袖二尺四寸〜八寸、

 

小振袖丈二尺〜二尺三寸とされています。

スポンサーリンク


 

 

大振袖は花嫁衣裳やお色直しに、振袖や中振袖は成人式や新年会、

 

結婚披露宴、謝恩会、初釜やパーティーに、

 

小振袖は軽い晴れ着感覚で、

 

茶会や気軽なパーティーなどに用います。

 

 

生地には綸子や縮緬が使われます。

 

模様は広げたときに一枚の絵になるような華やかな総模様(絵羽模様)が、

 

振袖本来の柄ゆきです。

 

 

豪華な模様を、友禅染め、絞り染め、型染め、箔置き、刺繍など、

 

日本の伝統技術である染繍工芸が駆使され描かれています。

 

 

現在は比翼仕立てにするか伊達衿を合わせ、

 

半衿は白か刺繍衿、長襦袢は紅や朱や桃色の無地、

 

またはぼかしのものを用います。

 

 

帯は豪華で格の高い錦織りや唐織りの袋帯を合わせます。

 

帯揚げは総絞りのもの、

 

帯締めも重量感のある金銀を織り込んだものや、

 

丸ぐけ帯締めをを合わせます。

 

草履は金銀を使った布製かエナメル製で、

 

かかとの高いものを合わせます。




スポンサーリンク




「年齢肌」(乾燥・シミ・シワ)。。。今なら本気の美容液を試せます♪リペアジェル♪



皮膚科医



二部式着物?ツーピース着物?いえいえ!きらこよしえ流『お気軽着物』です。

格安で着物を手に入れて、その着物をわずか3分で着付ける方法お気軽着物の作り方

格安で着物を手に入れて、その着物をわずか3分で着付ける方法お気軽着物の作り方

お気軽着物誕生物語はこちら

不要になった着物は買い取りに出しています

着物の高価買取は【ウルトラバイヤープラス】全国無料で気軽に査定!

価値を活かしてもらえる「買取り」にだすのはどうでしょう?

買取価格が値上がり中なんですって!







  Yahoo!ブックマークに登録する はてなブックマークに登録する livedoorクリップに登録する イザ!ブックマークに登録する


ホーム RSS購読 サイトマップ
トップ メールマガジン プロフィール お気軽着物の作り方