ふり

ふり

ふり

ふり

そでの身頃寄りの袖付けの下のあいているところを、

 

「ふり」といいます。

 

ここから長じゅばんの袖がはみ出ないように、気をつけます。

 

長じゅばんの袖の丈と着物の袖の丈が同寸か、

 

着物の袖の丈がわずかに長いと、はみ出ません。

 

たまにちらりと見えるじゅばん袖の色と、着物との相性がよいと、

 

おしゃれ上手だと思われます。

 

最初は白の長じゅばんばかりでも、

 

慣れてきたら色や柄のついた長じゅばんにして、

 

ふりから少しだけ見えるおしゃれを取り入れると、

 

きもののおもしろさが増します。

 

アンティークの着物などは袖丈が長いので、

 

襦袢の袖のみを、その着物にあわせて付け替えるなどして、

 

工夫します。

 

着物の袖山に直接小さな針目でじゅばん袖を付ける方法、

 

うそつきじゅばんの袖を付け替える方法などがあります。




スポンサーリンク




「年齢肌」(乾燥・シミ・シワ)。。。今なら本気の美容液を試せます♪リペアジェル♪



皮膚科医



二部式着物?ツーピース着物?いえいえ!きらこよしえ流『お気軽着物』です。

格安で着物を手に入れて、その着物をわずか3分で着付ける方法お気軽着物の作り方

格安で着物を手に入れて、その着物をわずか3分で着付ける方法お気軽着物の作り方

お気軽着物誕生物語はこちら

不要になった着物は買い取りに出しています

着物の高価買取は【ウルトラバイヤープラス】全国無料で気軽に査定!

価値を活かしてもらえる「買取り」にだすのはどうでしょう?

買取価格が値上がり中なんですって!







  Yahoo!ブックマークに登録する はてなブックマークに登録する livedoorクリップに登録する イザ!ブックマークに登録する


ホーム RSS購読 サイトマップ
トップ メールマガジン プロフィール お気軽着物の作り方