草履・下駄のお手入れ

草履・下駄のお手入れ

スポンサーリンク

草履・下駄のお手入れ

草履のお手入れについてです。

 

外出に少しだけはいただけならそのままか、柔らかい布でほこりを払う程度でかまいませんが、雨にあたった場合は、乾いた布で水気をしっかりふき取っておきます。

 

本皮草履と白い布

(本皮草履と白い布)

 

長期間使うことのない草履は、よく拭きあげてから収納します。その場合のお手入れは、

 

合成皮革やウレタンの草履は、硬く絞った布で汚れをぬぐってから、乾いた布で前つぼもしっかり拭きます。

 

エナメルや皮革の草履は、柔らかい布にエナメル専用のクリーナーを少量付けてよく伸ばし、その後できれいな布でよく磨きます。

 

佐賀錦などの織り地の草履は、毛の柔らかい小さなブラシでやさしくほこりを払い落とします。ガード加工をしてあるもの以外は水拭きをしないでください。

 

パナマや麻の草履は、柔らかいブラシでほこりを払います。汚れが気になるものは、少量のお酢を脱脂綿やガーゼに含ませて手早く拭き、その後乾いた布で水分が残らないよう拭きます。

 

どの草履もしばらくはかない場合は、除湿剤や除湿シートを箱に入れておくと、カビの心配がありません。

スポンサーリンク


 

次に下駄のお手入れ方法です。

 

白木の下駄と白い布

(白kいの下駄と白い布)

 

家に帰ったら、白木の下駄は乾いた布でから拭きをして、陰干しをしておきます。

 

塗り下駄の場合はぬらしてからかたくしぼった布で汚れをふき取り、陰干しします。

 

長期間使うことがなければ、鼻緒は柔らかいブラシでほこりを払い、ぬるま湯に浸けて絞った柔らかな布で全体をよく拭きとります。

 

鼻緒の汚れが落ちにくいときは、中性洗剤を薄めたぬるま湯に布をつけよく絞ってふき取ります。

 

 

スポンサーリンク










二部式着物?ツーピース着物?いえいえ!きらこよしえ流『お気軽着物』です。

格安で着物を手に入れて、その着物をわずか3分で着付ける方法お気軽着物の作り方

格安で着物を手に入れて、その着物をわずか3分で着付ける方法お気軽着物の作り方

お気軽着物誕生物語はこちら

不要になった着物は買い取りに出してます

その価値を活かしてもらえる「買取り」にだすのはどうでしょう?買取価格が値上がり中なんですって

買取プレミアム

着物の高価買取専門【買取プレミアム】


  Yahoo!ブックマークに登録する はてなブックマークに登録する livedoorクリップに登録する イザ!ブックマークに登録する


ホーム RSS購読 サイトマップ
トップ メールマガジン プロフィール お気軽着物の作り方