きもの物語

講座「浴衣で入門」その3「浴衣の着方(着付け方)」

スポンサーリンク

講座「浴衣で入門」その3「浴衣の着方(着付け方)とチェックポイント」

講座「着付けのおけいこ入門・浴衣で入門」の3ページ目です。

 

ここでは「浴衣の着方(着付け方)」をまとめています。

 

そして浴衣を着ることができたら、美しく着られたかどうかのチェックポイントで確認してください。

 

 

浴衣の着方(着付け方)

 

下着をつけ、「補正用胴帯」またはフェイスタオルをウエストに巻いて、ウエストの補正をします。

 

補正についての詳しい説明はこちら⇒講座「浴衣で入門」その2・「浴衣の成り立ちと特徴」「体型の補正」

 

ヒップの上の補正は、はじめはなくてもよいです。

 

長い髪でしたら、ゴムかピンで、上に上げてまとめておいてください。(えりあし(首の後ろ)が確認しやすくなります)

 

浴衣着付けの全体の流れ

 

全体の流れとしては、 まずゆかたに袖を通し、 すそ線を決めて、最初の腰ひもを締めます。

 

次に、衿を合わせて、ゆかたのたるみを下げて、胸の下に腰ひもを締めます。

 

おはしょりを整えて、伊達締めをして完成です。

 

ではもう少し具体的にお話しします。

 

スポンサーリンク


 

浴衣のときの下着

 

浴衣のときは洋装用のブラジャーは避け、和装用のブラジャーまたはスポーツブラなど、なるべくバストが平になるブラをつけます。

 

(バストの小さい方はブラジャーはなくてもかまいません。)

 

ショーツは表にひびかない色のもので、股上が浅めのものを利用します。

 

汗取りの下着は、背側の衿が開いたものであればなんでもよいです。

 

浴衣用のワンピースタイプの下着があれば、着てください。

 

夏のお出かけは汗をかきやすいので、浴衣に汗がつかないよう、汗取り用の下着をつけてくださいね。

 

ももに汗をかきやすい方は、木綿の薄手のステテコタイプのものを利用すると着心地がいいですよ。

 

補正用銅帯またはタオルをまく

 

「補正用胴帯」の中心を身体の前にして、ウエストのくぼみにまきます。

 

結び目は、ちょうちょ結びなどほどくときに困らない結びにしてください。

 

 

浴衣の着方・簡単な着付けはこの手順で(女性)

 

最初はむつかしいと感じたり、 裾が斜めになったり、衿がぶかぶかしてしまうかもしれませんが、まずはやってみてくださいね。

 

写真のボディーはこちらを向いているので、これが自分だとして、読んでくださいね。

 

浴衣着付け・汗取りの下着をつけ補正用銅帯をボディにつけたところ

 

汗取りの下着をつけ「補正用銅帯」をつけました。

 

では、浴衣に袖を通します。

 

背中の中心線が、背中の真ん中にきているのを、手でさわって確認します。

 

浴衣着付け・着方・袖を通して裾をきめている様子

 

それから浴衣の裾を決めて、下半身を整えます。

 

両手でそれぞれの襟の先20センチあたりをもって、裾を足首より上に持ち上げます。

 

そのとき腕を開きながら、顔の位置ほどまで上げるようにします。

 

裾を真横にしたまま、足首あたりまでおろします。(裾の位置を決めます)

 

左手を前に回して、右の腰骨にもっていき、浴衣の幅を右のももにつけます。

 

そのとき鏡を見て、ももの幅が隠れるところまでにします。

 

このとき浴衣の右手を外に力をむけるようにして、軽く引っ張り気味にしておきます。

 

そして、左手で今決めた位置をずらさないよう、お尻についている浴衣をずらさないようにして、右 手を左の腰に持っていきます。

 

床から15〜18センチほどつま先をあげて、右手を離します。

 

離した浴衣が落ちないよう、左のひじで押さえつつ、最初に左手で決めた浴衣の端の位置まで もっていきます。

 

そしてつま先を12〜15センチほど上げます。

 

空いた右手で腰ひもをとり、腰骨より5センチほど上で、腰ひもをふた巻きしてしっかり結びます。

 

(腰ひもの中心をお腹にあてて後ろに回し、持ち替えて前に回して、脇で引き締めてから前で結 びます。)

 

浴衣着付け・着方・裾を合わせてから腰ひもを締めたところ

 

あまった紐は、巻いた腰ひもに下からしまいます。

 

背中に手を回して、紐の下にシワがよっていたら左右にシワをよせておきます。

 

これで下半身がきれいになりました。

 

 

次は上半身を整えます。

 

袖付の下に隙間があるので、そこから左右手を入れて、手のひらをひらいて包丁のようにトントンと たるみをとります。

 

首の下20センチくらいのところに、襟のつなぎ目(襟がもう一枚掛けてあることもある)があるので、 そこを左右の手で持ち、位置が同じなのを確かめて、鏡を見て襟をのどのくぼみあたりで合わせ ます。

 

そのとき首の後ろは、衿が数センチ離れているのを確かめてください。

 

右手の方の襟が下になっているので、左手を脇の隙間(身八つ口)から入れて、内側に斜めに折 り上げ、右の腰のところまで斜めになるようにします。

 

腰ひもを今度は胸の少し下に中心をあてて、後ろにまわし、持ち替えて前で結びます。

 

結び目は、胸の中心よりすこしだけずらすとよいです。

 

浴衣着付け・着方・衿を合わせて胸紐を締めたところ

 

あまった紐は、巻いた腰ひもに上からしまいます。

 

背中に手を回して、紐の上にシワがよっていたら左右にシワをよせておきます。

 

背中の中心の縫い目が、手でさわって真ん中にあるのを確認しておきます。

 

 

浴衣着付け・着方・おはしょりを整えて伊達締めを締めたところ

 

胸に巻いた腰ひもの下に布が余っている場合は、少し上に寄せて、布の底(おはしょりの底)が腰骨の上部になるように調整します。

 

おはしょりの後ろ側も布が余っているようなら、同じように長さを調整し、前側と同じ長さにします。

 

伊達締めの中央をお腹にあてて、腰ひもの上から巻きます。

 

結び目がごつごつしないよう、二度かけてから交差させて、端をしまい込みます。

 

浴衣着付け・着方・ベルトタイプの伊達締め

 

ベルトタイプの伊達締めもあります。

 

ベルトタイプのこういった伊達締めなら、さらに簡単に着付けができます。

 

これで浴衣が着られました!

 

 

分かりにくいところは繰り返しててみてくださいね。

 

何度かやってみるうちに、すっきりとした浴衣姿になれますよ。

 

鏡で全身を映して、横からみたり、斜めから見たりして、チェックしてみましょう。

 

 

浴衣の着姿のチェックポイント

 

浴衣を着ることができたら、次の点をチェックしてみてくださいね。

 

・首の後ろが指3〜4本分あいているか?

 

・脇から後ろのすそ線は真っ直ぐになっているか?

 

・上前の端が、脇より後ろに回りすぎていないか?

 

・2つ目に締めた腰ひもより上の身ごろがだぶついていないか?

 

これらを確認してください。

 

2回3回と着ていくうちに、必ず上達して早く着られるようになりますからね!

 

徐々に浴衣の扱い方に慣れていきますよ。

 

この後は帯を締めます。

 

次の講座その4は⇒講座「浴衣で入門」その4・「浴衣に帯を簡単に結ぶ・帯結びのコツ」

 

◆講座「浴衣で入門」その5・下駄の選び方・歩き方・注意点」「浴衣のときの小物や持ち物」

 

講座「浴衣で入門」その6・「清涼感のある着こなし」「お出かけ先で困らないために」

 

 

 

 

スポンサーリンク










二部式着物?ツーピース着物?いえいえ!きらこよしえ流『お気軽着物』です。

格安で着物を手に入れて、その着物をわずか3分で着付ける方法お気軽着物の作り方

格安で着物を手に入れて、その着物をわずか3分で着付ける方法お気軽着物の作り方

お気軽着物誕生物語はこちら

不要になった着物は買い取りに出してます

その価値を活かしてもらえる「買取り」にだすのはどうでしょう?買取価格が値上がり中なんですって

買取プレミアム

着物の高価買取専門【買取プレミアム】


  Yahoo!ブックマークに登録する はてなブックマークに登録する livedoorクリップに登録する イザ!ブックマークに登録する


ホーム RSS購読 サイトマップ
トップ メールマガジン プロフィール お気軽着物の作り方