着物リメイク・絹の枕カバーは髪にも肌にも心地よさ最高!

着物リメイク・絹の枕カバーに・髪も肌もすこやか快適

スポンサーリンク

友人がうらやむハリのある毎日・2か月分の現品お試しセッ70%FF!2980円

着物リメイク・絹の枕カバーに・髪も肌もすこやか快適

着物生地からリメイク・絹シルクの枕カバー二つを製作枕にかけました

着物からのリメイクで、今度は枕カバーを作りました。

 

もちろん絹・シルクの素材です。

 

着物でリメイクした絹の枕カバーは、ツルツル・サラサラっとしてとても気持ちいいです。(^^♪

 

私は15年くらい前から、リメイクした絹の枕カバーを使っています。

 

裏をつけないので、手縫いでもあっと言う間に出来上がります。

 

髪にも肌にもよいはずなので、ぜひお試しください。

 

スポンサーリンク


 

枕カバーに適した着物は

 

枕カバーなのであっさりした色がいいな。。。ということで白い生地にしました。

 

でも着物で白というと、表生地ではそうそうないです。

 

なので、胴裏または八掛で白い色のものを利用するのもよいですね。

 

私はずっと以前にほどいた「花嫁衣装」があったのでそれで作りました

 

ツルツルした肌触りのシルク生地でどうぞ

 

 

普通サイズの枕 の枕カバーの作り方

 

今回紹介するのは 裏生地のない、表生地だけの枕カバーです。

 

手縫いで作成します。

 

枕は一般的に二種類の大きさがあります。

 

普通サイズというと「縦35センチ 横50センチ の大きさ」のものです。

 

このサイズの枕カバーがあれば、 大きさをそれに合わせればよいです。

 

着物の反物の幅は、 普通サイズの枕カバー 作るのにちょうどよい大きさです

 

 

着物生地からリメイク・絹シルクの枕カバーできあがったところ

 

 

<用意するもの>

 

  • 着物をほどいた反物・長さ65センチ前後
  • 絹の縫い糸
  • 糸切りばさみ
  • アイロン

 

 

<枕カバー普通サイズの作り方>

 

  • 中表にして、縫い代を5ミリで、三辺を縫い合わせます。
  •  

  • 空いている辺は三つ折りにしてアイロンをあてます。
  •  

  • 三つ折りの端を縫います。

 

※三つ折りしたところが枕の取り出し口です。

 

長めのサイズで作りましたので、端を閉じずに余りの部分を裏に折り返して使います。

 

 

大きいサイズの枕カバーはここを変更して作ります

 

着物生地からリメイク・絹シルクの枕カバー二つを製作枕にかけました

 

43センチ×63センチ のサイズの枕で説明します

 

普通サイズの枕よりやや大きいタイプにはいくつかありますが、ここでは43センチ×63センチ のサイズの枕で説明します。

 

形状は同じ筒状の枕カバーです。

 

幅に生地を足します。

 

足す生地は、反物の半分の幅の生地を足して作ります

 

変更する点はそれだけです。

 

縫い代1センチで継ぎ足してください。

 

生地のつなぎ目が出ますが、 実際枕を使用してみると、つなぎ目は全く感じません

 

ですが敏感な方は、 つなぎ目の位置を首でなく頭の上の方にして使用してください。

 

 

絹・シルク枕カバーのお手入れ

 

絹・シルクは素材が デリケートなので、以下の点に気をつけていただけば長持ちします。

 

  • 直射日光に当てない。
  • 合成洗剤で洗わない。

 

つまり洗う時は、中性洗剤で手洗いがおすすめです。干すときは陰干しです。

 

 

絹・シルクの枕は髪にも肌にもやさしい

 

着物生地からリメイク・絹シルクの枕カバーは白無垢の模様

(元花嫁衣裳なので模様は鳳凰と桐)

 

絹・シルクは、とても肌触りが良く、 吸湿性放湿性に優れています。

 

寝ている間も頭の部分は 涼しく保つ方が、熟睡できるといいます。

 

ですから枕カバーの素材としては最高です

 

絹のパジャマや 寝巻きを着ている人はよくわかると思いますが、 寝返りしやすく摩擦のストレスもないですよね。

 

枕カバーもシルクだと、 寝返りをしたときのストレスがありません。

 

 

枕カバーに向いている着物生地

 

胴裏、八掛も枕カバーに向いているといいましたが、他にもよい生地があります。

 

「色無地の着物」や「大島紬」「黄八丈」といったツルツル・サラサラの生地です。

 

また「長じゅばん」もいいですね。

 

地紋があるくらいは、枕としての違和感はありません

 

 

丈夫な枕カバーにしたいなら

 

絹生地一枚ではすぐ弱るのではないかと心配なら、裏をつけてください。

 

裏地は薄手の木綿生地がよいです。

 

表生地と同じサイズを用意して重ねて作ります。

 

 

着物リメイク・絹の枕カバーに・髪も肌もすこやか快適・まとめ

 

市販品はポリエステルや木綿が主流の枕カバー、絹シルクに変えると快適さアップします。

 

吸湿性放湿性に優れている絹・シルクの枕カバーは髪と肌にやさしい。

 

着物からのリメイクの中では特に簡単にできます。

 

できるだけツルツル・サラサラの生地をお使いください。

 

どんな大きさの枕カバーも、この作り方なら生地を足して作ることができますよ。抱き枕にも応用すればさらに寝心地アップでしょう!

 

長い髪もからみにくいのではと思います。

 

目覚めたときカバーの気持ちよさに二度寝しそうになるのが欠点かも。

 

ほかにも着物からのリメイクをしていますので参考にしてくださいね!

 

「着物リメイクでペンケース・扇子入れ(小物入れ四寸)の作り方・詳細」

 

「着物のほどき方・洗い方・注意点を詳しく解説・和服生地のリメイクに」




スポンサーリンク






友人がうらやむハリのある毎日・2か月分の現品お試しセッ70%FF!2980円



二部式着物?ツーピース着物?いえいえ!きらこよしえ流『お気軽着物』です。

格安で着物を手に入れて、その着物をわずか3分で着付ける方法お気軽着物の作り方

格安で着物を手に入れて、その着物をわずか3分で着付ける方法お気軽着物の作り方

お気軽着物誕生物語はこちら



  Yahoo!ブックマークに登録する はてなブックマークに登録する livedoorクリップに登録する イザ!ブックマークに登録する


ホーム RSS購読 サイトマップ
トップ メールマガジン プロフィール お気軽着物の作り方