仕立て期間

仕立て期間

スポンサーリンク

仕立て期間

仕立て期間

着物の誂えには、だいたい3ヶ月から半年くらいの期間をみておくといいです。

 

お店にいって気にいった生地(反物)があれば、すぐさま採寸して・・・という流れになり、3ヶ月ほどで手元にできあがってくることになりますが、気にいる生地がないため染め色を考えたり、手描き染めなどを希望する場合には、半年くらいの期間が必要になります。

 

半年先ともなると季節が変わってしまいますが、実際に着る予定の季節を考えて誂えを頼むことを忘れないでください。

 

例えば4月の上旬に着る予定であれば、10月上旬あたりにお店を決めて訪問するということになります。

 

10月の上旬なら秋の始まりで袷(あわせ)の季節に入りますので、実際に着物を着る春の陽気と同じくらいと考えれば問題はありません。

スポンサーリンク


 

しかし12月中旬に着る予定であれば、半年前は6月中旬です。半そででエアコンが欲しいくらいの暑さのとき、雪がふるかもしれない12月のことを考えて申し込みをすることになりますから、季節感をいつも意識しておかなくてはなりません。

 

もちろんお店の方が専門的にアドバイスしてくださるとは思いますが、そんなに長い期間がかかるということを、覚えておかれるといいです。

 

ではどうしてそんなに長い期間がかかるのか?不思議ですよね。それは着物が特別なルートによって仕立てられているからです。

 

仕立て期間

 

着物ができあがるまでは、おおよそこんな風にすすんでいきます。

 

<例・訪問着を手描きの京友禅で依頼する場合>

 

図柄、意匠の相談

 

⇒下絵を描く⇒

 

糸目を置く⇒

 

糊伏せをする⇒

 

地染めをする⇒

 

蒸す⇒

 

水元⇒

 

地入れをする⇒

 

挿し彩色⇒

 

蒸す⇒

 

水洗い⇒

 

水元⇒

 

湯のし⇒

 

金彩・刺繍⇒

 

地直し⇒

 

仕立て⇒各種加工

 

以上のような工程を経てできあがります。

 

それぞれ専門の職人によって別の場所で分業されているので、どうしても時間がかかるわけです。

 

各工程での細かい作業については、別途項目をもうけますので(未だ書きあがっていませんごめんなさい)そこをご覧ください。

 

絵羽模様のもの、紋や金彩、刺繍などの加飾のあるものは、工程が複雑で長い分時間がかかります。

 

一方小紋などですでにお店にある生地で仕立てる場合には、1〜3ヶ月ほどの短期間で出来上がるでしょう。

 

不明な点、どんな進み具合なのか気になることは、頼んだお店にどんどん質問してみてください。




スポンサーリンク








  Yahoo!ブックマークに登録する はてなブックマークに登録する livedoorクリップに登録する イザ!ブックマークに登録する

二部式着物?ツーピース着物?いえいえ!きらこよしえ流『お気軽着物』です。

格安で着物を手に入れて、その着物をわずか3分で着付ける方法お気軽着物の作り方

格安で着物を手に入れて、その着物をわずか3分で着付ける方法お気軽着物の作り方

お気軽着物誕生物語はこちら

無料のプレゼント

着付けのおけいこ入門*浴衣で入門

管理人が作った無料プレゼントです。『浴衣入門』 ゆかたでおでかけできるまで

↓↓↓↓↓

無料テキスト『着物を始めたい!着付けのおけいこ入門・浴衣で入門』



不要になった着物は買い取りに出してます
その価値を活かしてもらえる「買取り」にだすのはどうでしょう?買取価格が値上がり中なんですって着物買取のヤマトク

ホーム RSS購読 サイトマップ
トップ 無料講座教材 メールマガジン プロフィール お気軽着物の作り方