小紋の柄あわせ

小紋の柄あわせ

スポンサーリンク

小紋の柄あわせ

小紋着物の柄合わせ

着物という決められた形の中で、美しさを表すためには、模様の「柄合わせ」はとても重要になります。

 

小紋は同じ柄が繰り返されているとはいえ、柄合わせをするかしないかで、好みを表現したり、体型をカバーすることなどもできるのです。

 

ですから誂えるときも、どういった柄合わせをすると、より自分の好みにあうものができるのかを相談するようにしましょう。

 

例えば大きな模様のあるものは、着たときに目立つところに柄を配置するようにします。

スポンサーリンク


 

着たときに目立つところというろ、前から見たときは左身頃と膝あたり、後ろから見たときは、背中や肩、ヒップ、裾です。

 

ふくよかな人の場合は、肩や胸の部分は無地または小柄なものが出るようにすると、上半身のボリュームが押さえられます。

 

一方やせた体型の方は、上半身に柄を出し、ボリューム感が出るようにすると体型をカバーしやすくなります。

 

横に段のある模様の場合は、柄をつなげるかずらすかしますが、柄をつなげると横に大きく見えるので、一般的にはやせた方に向きます。

 

また段をずらすと大きな市松風の模様になり、普通体型からふくよかな方向きになります、何も注文をつけないと段をずらす柄合わせになるようです。

 

小紋でも動物柄や、無地場が大きく柄が飛び飛びにしかないようなものは、衿に上向きの柄を持ってくるようにすると柄が活かされ、顔映りもよくなります。

 

細かい柄が一杯はいっているようなものでは、あまりこだわることもないのですが、一番目につく衿には一番よい柄をもってきたいものです。

 

そのほか真ん中で半分ずつ模様の違う縦縞は、あわせ方で印象がずいぶん違ってきますのでよく考えて柄合わせをしたいものです。

 

まず衿にどちらの柄を持ってくるかを考えて、背中心で色柄を合わせるか、または背中心で色柄を分けるかという点を相談してみましょう。

 

ただ身長のある方は、生地の断ち方に制約がでるので、希望通りの柄合わせができないこともあります。

 

柄合わせについては、特に何も言わない限り、仕立てする人にお任せになってしまうのですが、見た目に大きく影響しますので、相談されるといいですよ。

 

柄合わせにはとても時間がかかるのですが、「柄合わせ代」をあえてとることはないようです

 

 




スポンサーリンク








二部式着物?ツーピース着物?いえいえ!きらこよしえ流『お気軽着物』です。

格安で着物を手に入れて、その着物をわずか3分で着付ける方法お気軽着物の作り方

格安で着物を手に入れて、その着物をわずか3分で着付ける方法お気軽着物の作り方

お気軽着物誕生物語はこちら

不要になった着物は買い取りに出してます

その価値を活かしてもらえる「買取り」にだすのはどうでしょう?買取価格が値上がり中なんですって

買取プレミアム

着物の高価買取専門【買取プレミアム】


  Yahoo!ブックマークに登録する はてなブックマークに登録する livedoorクリップに登録する イザ!ブックマークに登録する


ホーム RSS購読 サイトマップ
トップ メールマガジン プロフィール お気軽着物の作り方