着物の各部の名称と読み方(解説付き)

着物の各部の名称と読み方(解説付き)

スポンサーリンク

着物の各部の名称と読み方(解説付き)

女性の着物の各部の名称・上半分

着物の着方を習うと、きものならではの名称(名前)が出てきて、分かりにくいと感じてしまいます。

 

そこで着付けを覚えるときに「この場所は何と呼ぶのか」を知っていると、とても習得しやすいです。

 

着物(和服)の専門用語もありますが、洋服と一緒というところもありますから、表に照らし合わせて、またご自分の着物も広げながら覚えてくださいね。

 

読み方もひらがなでつけてあります。

 

スポンサーリンク


 

名称解説の前に着物の成り立ち方

 

着物の名称を解説する前に、きものがどんな風に出来上がっているのかをおさえておきましょう。

 

着物の形は、大きく分けて、「衿」と「身ごろ」と「袖」に分けられます。

 

身ごろの端に衿がついていて、身ごろの前と後ろの間に袖がついています。

 

後から広げるとこんな形になります(右に衿をもってきました)。左右対象の形をしています。

 

女性の着物を後から広げた図

 

では各部の名称にうつります。まずは衿(えり)からです。

 

 

着物の各部の名称・衿(えり)

 

着物の衿(えり)は、左右の前身頃とおくみに斜めに接してついています。

 

長さは190センチほどになります(身長160センチの私の場合)。

 

次に着物の衿の細かい部位の名称にうつります。

 

女性の着物の各部の名称・衿袖身頃上の方

 

 

衿幅(えりはば)

 

衿幅(えりはば)は文字の通り衿の幅のことです。

 

女性の着物の衿には、三種類あって、広衿(ひろえり)バチ衿棒衿(ぼうえり)といいます。

 

広衿は訪問着や留袖などの衿で、幅が広く裏地がついています。

 

バチ衿は衿の先にむかって少し幅広になっている衿で(三味線のバチの形をしていつことからついた名称)、浴衣や木綿、ウールなどの普段向きの着物の衿です。

 

棒衿は幅が一定して約5.5センチの幅の衿で、長襦袢の衿や浴衣の衿に用いられます。

 

棒衿とバチ衿は、首の周囲は同じ幅なので、衿幅というときは衿の先の方を見て言いますが、着付けのときはほとんど出てこない名称です。

 

広衿の場合の着付けの際、「衿幅を半分にしてから少し広げる」というように着方のときに使われる名称です。

 

 

掛衿(かけえり)と地衿(じえり)

 

地衿(じえり)というのは地になっている方の衿で、単に衿とも呼びます。

 

その地衿に上からついている布を掛衿といいます。

 

着物の生地と同じ生地でつけるので「共衿」とも呼びます(着物生地(反物)には掛衿の部分がとれるようになっています)。

 

 

衿先(えりさき)

 

衿先(えりさき)は衿の先の方およそ20センチほどのところをいい、裏生地(衿先布)がついているあたりを指します。

 

着付けの時は、衿先をもって体に引き付けたり裾を決めたりします。

 

 

着物の各部の名称・身頃(みごろ)

 

着物の身頃は前身頃(まえみごろ)と後身頃(うしろみごろ)、衽(おくみ)に分かれます。

 

 

前身頃(まえみごろ)と後身頃(うしろみごろ)

 

前身頃と後身頃はつながっていて、肩の位置でつぎめはありません。

 

左半分の身頃の生地と右半分の身頃の生地の二枚でできあがっていて、左右は同じ裁断方法で対象です。

 

前にくる身頃の左側(着る人にとって)を上前(うわまえ)といい、身頃の右側を下前(したまえ)といいます。

 

下前というのは下にくる前身頃ですから、着るとき先に合わせ、上前というのは上にくる前身頃ですから、後に合わせます。

 

痩せている人は前身頃か後身頃のいずれかまたは両方で細くし、太っている人は幅を広く調整します。

 

前身頃と後身頃の縫い合わせてあるところは「脇(わき)」または「脇線(わきせん)」といって、たたむときに意識する名称です。

 

袖付けの下のところに空いているか所があり「身八つ口(みやつぐち)」といいます。

 

衿を合わせたりおはしょりを整えるときに手を差し入れます。

 

 

衽(おくみ)

 

女性の着物の各部の名称・身頃下の方・おくみも

 

身頃にはおくみ(衽)をつけて、体の前で打ち合わせる部分が重なるようにしています。

 

衽(おくみ)の幅は約15センチで、女性のどんな着物でもほぼ一定の幅です。

 

衽と呼ぶときは前身頃に衿(胸元あたり)からついている細い布の部分をいい、衽幅というときは、裾に近い衽の幅を言います。

 

合褄幅(あいづまはば)は、衿の先のところの衽の幅で、衽幅と同じか数ミリ狭い程度で仕立てます。

 

座る時間が長い場合などは衽と同じ寸法にすることもあります。

 

衿の下の長さを「衿下(えりした)」といい、着付けの際には特に必要のない名称です。

 

 

裾(すそ)・褄先(つまさき)

 

着物の裾(すそ)は着物の身頃の一番下をさします。

 

また褄先(つまさき)は衽の裾の角をいい、着付けのときは「褄先を少しあげる」というような言い回しをします。

 

 

着物の各部の名称・袖(そで)

 

女性の着物の各部の名称・袖を中心に身頃の上の方

 

袖は一枚の布でできています。

 

袖の一番上を「肩山(かたやま)」といい、手を通すところを「袖口(そでぐち)」といいます。

 

身頃についているところは「袖付け」、袖付けの下のところを「ふり(振り)」といいます。

 

着物の袖の下半分くらいのところは「たもと」といい、小さなものなら収めることができます。

 

袖の上から下までの長さを「袖丈(そでたけ)」といい、振袖は長く、一般的には50センチほどの丈です。

 

 

その他の名称

 

身丈(みたけ)

 

着物の上から下までの長さを身丈(みたけ)といいます。

 

上を肩山から指す場合と、背中の中心の一番上からとする場合があります。(2センチほどの違いが出ます)

 

身丈は身長と同じにすることが多いですが、振袖や訪問着などの礼装用の着物は長くとることが多いです。

 

また腰ひもを高い位置でする人は、仕立ての際身長より長くとる人もあります。

 

 

裄(ゆき)・裄丈(ゆきたけ)

 

裄(ゆき)と裄丈(ゆきたけ)は同じ意味で使われます。

 

肩幅(かたはば・背の中心から袖までの長さ)と袖幅(そではば・袖の幅の長さ)を合わせたものです。

 

着物を仕立てるとき重要な名称で、現代は裄を長く手首がかくれるくらいまでの長さで仕立てる人も増えました。

 

昔の着物は体格が小さかったこと、袖は短めが当たり前だったことで裄の短い着物が多いです。

 

裄を測るにはまっすぐに立って、腕を脇から30度ほど離して、首の後の付け根の骨の出ているところから手首のくるぶしの手前まで測ります。(誰かに図ってもらいます)。

 

 

着物の各部の名称と読み方のまとめと予備知識

 

着物の着方を習うときに、知っておくと便利なきものの各部位の名称(名前)を並べて解説しました。

 

裏地のついている着物の場合は、身頃の上側や袖の裏についている白い薄い布が「胴裏(どううら)」、身頃の下の方や袖口、衿先の裏についている薄い布が「八掛(はっかけ)」または「裾回し(すそまわし)」です。

 

昔は自分の体に合った着物を仕立てるのが当たり前でしたが、近年は仕立て上がりの商品もあり、好みで選べます。

 

仕立て上がりの着物には、洋服のような細かなサイズ展開はありませんので、着付けのとき自分で調整をします。

 

着物の形は決まった形があり、見た目の違いとしては、袖の丈を長くする(または短くする)、たもとの角の丸みを変えるなどで多少の変化はつけられます。

 

着物の形は同じであっても、模様や生地質によってさまざまな着物があります。

 

着物の形や着方は同じでも、合わせる帯・帯揚げ・帯締めなどを変えることで、着こなし方は変えられますよ。

 

また衿の開け方や半衿(はんえり・長じゅばんにつける飾り衿)によっても着こなし方に個性を発揮できますよ。

 

うまく着られるようになったら、変化を楽しんでくださいね。

 

(きらこ よしえ)

 


スポンサーリンク










二部式着物?ツーピース着物?いえいえ!きらこよしえ流『お気軽着物』です。

格安で着物を手に入れて、その着物をわずか3分で着付ける方法お気軽着物の作り方

格安で着物を手に入れて、その着物をわずか3分で着付ける方法お気軽着物の作り方

お気軽着物誕生物語はこちら

不要になった着物は買い取りに出してます

その価値を活かしてもらえる「買取り」にだすのはどうでしょう?買取価格が値上がり中なんですって

買取プレミアム

着物の高価買取専門【買取プレミアム】


  Yahoo!ブックマークに登録する はてなブックマークに登録する livedoorクリップに登録する イザ!ブックマークに登録する


ホーム RSS購読 サイトマップ
トップ メールマガジン プロフィール お気軽着物の作り方