20代で誂えた着物が小さくなってしまいました

20代で誂えた着物が小さくなってしまいました

スポンサーリンク

20代で誂えた着物が小さくなってしまいました

20代で誂えた着物が小さくなってしまいました。とても気に入っているのでこのまま着たいです。着付け方法を教えてください。(Mさん48歳)

 

ご質問のあったMさんは、体型が変わりこの着物を誂えたころより肉付きがよくなっているそうです。

 

呉服屋さんでこのままいけるかどうか着せてもらったところ、「おはしょりがでませんね」と言われました。長じゅばんもぴちぴちでした。

 

来月着なくてはならなくなったのですが、誂えている時間と費用がありません。着付けができません。

 

お母様と一緒に誂えた思いでの訪問着でとても気にいっているそうです。

 

スポンサーリンク


 

 

口頭でお応えできることではありませんでしたので、お越しいただいて着方を覚えてご自分でも工夫をしていただきました。

 

この訪問着を簡単に着付けさせてもらったところ、身幅が狭く、前合わせがしっかりと合わせられません。

 

そしておはしょりも少ししかでそうもありません。手首も丸見えになっていて、裄が短く感じます。

 

長じゅばんも着物同様、身幅が狭くなっています。

 

ご自身の身長は変わっていないので、こうした着物の変化はとても不思議に感じられることでしょう。Mさんもとても合点がいかないといったお顔でした。

 

下着の対処法

 

下着は既製品のワンピースタイプのものを購入して、ご自身にぴったりのものにされました。

 

下着がきつすぎると、動きにくいだけでなく着付けそのものに影響がでますので、あらためて購入ということになりました。

 

長じゅばんの対処法

 

長じゅばんは、やはり身幅が狭く、袖丈も短く感じられるのですが、着物とセットなのでこのまま利用します。

 

衿がはだけにくいよう、紐も伊達締めも高い位置で合わせていただきます。

 

着物の対処法

 

呉服屋さんでは「おはしょりがでない」ということでした。

 

体格がよくなったことで、前にも後ろにも着物の丈がとられてしまったようです。

 

できるだけ腰ひもを締める位置を下にして、着付けをします。

 

衿はあまり抜かずに、少しでも丈に使えるようにします。

 

裾を少し短めに合わせてみます。

 

こうすることで少しだけおはしょりが出るようになりました。

 

身幅については、上前を見栄えのするようにちゃんととると、下前が脚の間くらいになってしまいます。

 

歩くと下前がすぐにはだけるくらいなので、上前を通常より控えることにしました。

 

歩くときは上前を右手で押さえながら歩かないと、やはり裾がはだけそうになってしまいますが・・・やむを得なません。

 

手首が丸見えになるくらい裄が短くなっていますが、それはそれでしかたありません。

 

少しだけ衿を幅広に出すことで、袖口を手首に近づけました。

 

しとやかに振る舞う

 

Mさんには、できるだけしとやかに過ごすようにしていただき、体の動きも最小限にしてもらうようにしました。

 

特に前合わせがはだけないように手を添えるなど、忘れないように。

 

またおはしょりが短くても気にしないようにとお話ししました。

 

あそこがダメここがダメと思っていると、つらいですからね。

 

 

着物はある程度融通がきくとはいえ、ふくよかになってしまい、自分の着物が合わなくなるというのはかなりショックな出来事です。

 

以前はちょうどで着られたのですから、なんとも残念です。

 

若いころに誂えるというと、たいてい成人式前後のことでしょうから、ほっそりした体型だったはずです。

 

それから妊娠や出産子育てを経て、そのままの体型を維持している人もありますが、たいていは少しふくよかになる女性が多いですね。

 

太り方が少しなら、着物は融通がきくので、着用するにそんなに問題なく着られます。

 

しかしながら大幅に太ると、着物の丈が立派になった体の幅にとられてしまうので、身長がかわっていないのに丈が短くなってしまいます

 

もちろん着物には何の変化もありません。

 

この方は、教室にお越しいただいたので、ご自身で着付ける方法を学んでいただいて、上記のように対応してもらうようにしました。

 

昔はピッタリでも今はピッタリでないわけなので、どこかを工夫していただくことになります。

 

一番いいのは少しでも痩せていただくのがいいですが・・・・

 

ご本人の口から何度も「痩せないとね」と出るのですが、難しいのは百も承知です。

 

訪問着の場合は、最初から着丈をかなり長くしてあるものがあるのですが、Mさんが昔誂えた訪問着は、ぴったりの誂えだったようです。

 

40代50代になって体型が変化するのは当たり前ですが、おはしょりがほとんど出ないか、歩きづらいほどの身幅であれば、やはり仕立て直しをするか、サイズを測り直して誂えるかして、心地よくお召になるといいですね。

 

Mさんは近日中の用事がすんだら、呉服屋さんに相談するとおっしゃっていました。



スポンサーリンク








  Yahoo!ブックマークに登録する はてなブックマークに登録する livedoorクリップに登録する イザ!ブックマークに登録する

二部式着物?ツーピース着物?いえいえ!きらこよしえ流『お気軽着物』です。

格安で着物を手に入れて、その着物をわずか3分で着付ける方法お気軽着物の作り方

格安で着物を手に入れて、その着物をわずか3分で着付ける方法お気軽着物の作り方

お気軽着物誕生物語はこちら

無料のプレゼント

着付けのおけいこ入門*浴衣で入門

管理人が作った無料プレゼントです。『浴衣入門』 ゆかたでおでかけできるまで

↓↓↓↓↓

無料テキスト『着物を始めたい!着付けのおけいこ入門・浴衣で入門』



不要になった着物は買い取りに出してます
その価値を活かしてもらえる「買取り」にだすのはどうでしょう?買取価格が値上がり中なんですって着物買取のヤマトク

ホーム RSS購読 サイトマップ
トップ 無料講座教材 メールマガジン プロフィール お気軽着物の作り方