着物のしわのばし、アイロンをかける具体的な方法

着物のしわのばし、アイロンをかける具体的な方法

スポンサーリンク

着物のしわのばし、アイロンをかける具体的な方法

着物のしわのばし、アイロンをかける具体的な方法

ここでは絹の着物(正絹のきもの)のしわのばし、アイロンかけの方法を紹介しています。

 

着物で過ごしたあと、きものハンガーにかけて体温や湿気を飛ばすことで、ある程度のしわがのびていきます。

 

でも、いつまでたっても取れないしわがついてしまうこともありますね。

 

着物のしわを取るのには、クリーニング店に出せばきれいに仕上げてくれますので、いつもそうしている人もあるかもしれません。

 

上等なお召し物でめったに着る機会のない着物には、そうしたお手入れ法が確実でしょう。

 

でも、時々着用する着物なら、自分でアイロンをかけてしわをとることもできます。

 

最初は難しく感じるきもののアイロンかけですが、やり方さえ間違わなければ、自分でも面倒な思いをせずにできますよ。

 

では具体的に、どうやって着物にアイロンをかけてしわをとるのか、その方法を紹介します。

 

 

着物のアイロンかけの手順

着物のしわのばし、アイロンをかける具体的な方法

 

アイロン台、アイロン、霧吹き、当て布を用意します。

 

アイロンは絹表示のある位置で、または中温に設定して温めます。

 

当て布は、のりを落とした白い薄手の木綿の布にします。

 

40センチ四方くらいの大きさの布が扱いやすいです。

 

アイロン台に着物のしわのところをおき、当て布に霧を吹きます。(霧吹きの水分が当て布以外の場所にかからないよう注意して行ってください。)

 

霧がついた場所を、しわの上にのせて、すばやくアイロンをそこにあてます。

 

あてたアイロンを着物の生地の縦方向か横方向に、素早く移動させます。

 

同じ場所にアイロンがあたり続けないよう、小刻みにアイロンを動かします。ほとんどたえずアイロンが動いている感じです。

 

しわが大きくても、20センチくらいずつ消すくらいのつもりで、狭い範囲のしわをとるようにします。

 

目指す場所のしわがとれたら、アイロン台の上の着物をずらして、別の場所のしわをのせてとっていきます。

 

このようにすれば、最初の写真のようにしわだらけだった着物も、きれいな状態に戻すことができます!(写真は下前の裾付近です)

スポンサーリンク


 

 

着物にアイロンをかけるときの注意点

 

着物のしわをとるためにアイロンをかけるとき、こんなことに注意して行ってくださいね。

 

一番最初は、裏から試す。

 

当て布を必ず用いる。

 

アイロンは押し付けず素早く動かす。

 

霧吹きはべったりするほど水分をつけすぎない。

 

霧吹きの水分が着物へ飛び散らないように。

 

アイロンの熱が冷めるまで、着物ハンガーに掛けてからたたむ。

 

 

慣れればアイロンをあてるのも怖くないですが、最初はちょっと心配かもしれません。

 

そのため最初は裏側から、当て布をあててアイロンをかけて、アイロンを動かすのを練習してください。

 

木綿の洋服のようにしっかりあてると、しわはとれてもアイロンの輪郭が残ってしまったりすることがあるので、くれぐれもアイロンを押し付けずに動かすようにしてください。

 

慣れてきたら、表側から中温で当て布をしてかけるようにしてください。中温ではとれにくいとき、高温に設定を変えてください。

 

霧吹きがなくてもしわがとれることもあるので、まずは霧吹きなしでお試しになり、それでは取れない場合に霧吹きを使用してください。

 

 

金糸の刺繍のところもきれいにシワがのびました

 

着物のしわのばし、アイロンをかける具体的な方法

 

この着物は全体にシワがついてしまった難ものだった訪問着ですが、アイロンをかけたのでシワを全部とるこができました。

 

金糸の刺繍のある上前の模様も、きれいにシワをとることができました。

 

これで着用できるようになります、が、私には派手すぎて無理ですね。^^

 

このようにたいていの正絹の着物のシワは、丁寧に行えばシワをとることができます。

 

 

アイロンかけしなくてはならないほどのしわを作らないために

 

「アイロンをかけなきゃいけない!」っと思うと、とても面倒な気持ちになりますよね。

 

着物は面積が広いので床に一部がついてしまうので、まず掃除してからにしなきゃとか。

 

そのためなるべく着物にしわをつけないようにということも心がけておきたいものです。

 

「後でたたもう」、「後で着物ハンガーにかけよう」と思って、ついつい脱ぎっぱなしにしてしまったり、椅子に掛けて放置したということはありませんか?

 

こういうことをしてしまうと、いろんな場所にしわがついてしまいます。

 

夜遅く帰ってきたり、お酒を飲んでからの帰宅だったりすると、ついつい着物の始末をするのがおっくうになってしまいます。

 

明日は時間があるからといっても、いったんついたしわは着物ハンガーに吊るしておくだけでは、とれないこともあります。

 

ですから、どんなに遅く疲れて帰ってきても、着物を脱いだら着物ハンガーに掛けること。

 

ついでに長じゅばん、帯、帯揚げ、帯締めも、ハンガーに掛けておくようにします。これだけを最低限行うようしましょう。

 

着物のしわのばし、アイロンをかける具体的な方法

 

それ以外にも、着物にへんなしわがついてしまうこと、ありませんか?

 

何枚か着物をたたんで収納している場合などで、必要な着物を取り出すとき、その上か下の着物の袖や身頃が、少しずれてしまいそれでへんなところにしわがつくことがあります。

 

私はおうちゃくをして、必要な着物を引っ張り出したことがありますが、そんなときにその上下の着物がずれたのを知らず、しわをつけたことがあります。

 

そのまま着物が何枚も重なったままつみあがっているので、ずれた着物はそのまま長期間放置され、しわがついたことに長く気がつきませんでした。

 

そのときは袖が折れていたのですが、「しわをとるのは面倒だな」とやっぱり思ってしまいました。

 

こんなことにならないよう、ちゃんと上の着物を別の場所にどけて、それから必要なものを持ち上げるようにして取り出し、また上に置いてあった着物を戻す、それだけの手間を惜しまないようにということですね。

 

 

着物のしわのばし、アイロンをかける具体的な方法のまとめ

 

絹着物のしわは自分でアイロンをかけてのばしたりとったりできます。

 

最初は裏側から当て布をして、素早くアイロンを動かしてかけてください。

 

慣れたら表から、霧吹きと当て布を用いて、しわをとってください。

 

上にある注意を必ず守って行うようにしてください。

 

この方法なら正絹着物のしわをとることができますが、やっぱり心配という方は着物専門のクリーニング店にお任せするようにお願いします。

 

また刺繍の施してあるところ、金箔や特殊な装飾のあるところは、大丈夫とは言えませんので、ご自身の判断と責任でお願いいたします。

 

また霧吹きを使用することで水分が着物に変化をもたらすことが絶対ないとは言えませんので、その点もご自身の判断と責任でお願いいたします。

 

シワだらけの写真の訪問着は探しに探しました!

 

シワだらけの着物で訪問着クラスのものを例にしたいと思い、探しにでかけました。
自分の着物はシワをとってあり、シワをたくさん入れるにはかなり抵抗があったので、リサイクルショップや骨董市に出向きました。

 

何件もお店を回ってみたのですが、なかなか見つからず、出直すこと三回。
ようやくこの訪問着を見つけました。

 

探していたとはいえ見つけた当初はびっくりしましたよ。
こんなに全体にシワができている着物は初めてですから。

 

これこそ脱ぎ捨てて引き出しにつっこんだまま放置したという感じです。
さすがにお会計のときは、恥ずかしかったです。

 

無残な姿の着物でしたが、アイロンをかけると元の美しさがよみがえってきました。
汚れもなくきれいな着物だとわかったので、このブログの中で使っていけそうです。

 

ここまでシワがあると、アイロンをかける時間もずいぶんとかかりました。(よしえ)

 




スポンサーリンク








  Yahoo!ブックマークに登録する はてなブックマークに登録する livedoorクリップに登録する イザ!ブックマークに登録する

二部式着物?ツーピース着物?いえいえ!きらこよしえ流『お気軽着物』です。

格安で着物を手に入れて、その着物をわずか3分で着付ける方法お気軽着物の作り方

格安で着物を手に入れて、その着物をわずか3分で着付ける方法お気軽着物の作り方

お気軽着物誕生物語はこちら

無料のプレゼント

着付けのおけいこ入門*浴衣で入門

管理人が作った無料プレゼントです。『浴衣入門』 ゆかたでおでかけできるまで

↓↓↓↓↓

無料テキスト『着物を始めたい!着付けのおけいこ入門・浴衣で入門』



不要になった着物は買い取りに出してます
その価値を活かしてもらえる「買取り」にだすのはどうでしょう?買取価格が値上がり中なんですって着物買取のヤマトク

ホーム RSS購読 サイトマップ
トップ 無料講座教材 メールマガジン プロフィール お気軽着物の作り方