「帯枕」「帯板」のお手入れ・汗かきさんの対処方法

「帯枕」「帯板」のお手入れ・汗かきさんの対処方法

スポンサーリンク

友人がうらやむハリのある毎日・2か月分の現品お試しセッ70%FF!2980円

「帯枕」「帯板」のお手入れ・汗かきさんの対処方法

帯枕・帯板のお手入れ、汗かきさんの対処法

帯枕と帯板をハンガーにかけて湿気とばし

 

着物を着た後のお手入れ方法で、「帯枕」と「帯板」についてお伝えします。

 

着物を脱いだ後は、湿気と体温をとばすためハンガーに掛けるか、風通しのよい机の上などにしばらく置いておきます。

 

いつもははそれだけで「帯枕」や「帯板」を洗うことはまずありません。

 

湿気をとばすのは他の小物と同様ですが、問題は汗ばむ季節のお手入れでしょう

 

夏以外でも汗かきの人は、帯枕や帯板がじっとりして気になっているかもしれませんね。

 

スポンサーリンク


 

「帯枕」の手入れ・汗かきさんの対処法

 

普通の帯枕はプラスチックや発泡スチロールなどで形づくられていますよね。

 

大量に汗をかく人は、帯枕そのものを洗えるものに変えるとよいです。

 

 

洗える帯枕を手作りする・その1

 

着物を扱うお店にいっても、「洗える帯枕」というのは今のところないでしょう。

 

そこで自分で手作りしましょう。

 

作り方はいたって簡単。

 

木綿か麻のタオルを、帯枕の幅の20センチほどにして、くるくるっと巻きます。それをガーゼでくるんで帯枕とします。

 

 

洗える帯枕を手作りする・その2「へちま」利用

 

もう一つ、簡単で涼しい帯枕の作り方です。

 

帯枕を「へちま」にして、それをガーゼでくるんで帯枕とする。

 

へちまそのものが入手しにくいときは、出来上がっている「へちまの帯枕」を購入するのが手っ取り早いです。

 

なお「へちまの帯板」がセットになっている商品もあります。

 

 

そこまで汗かきではないけど汗対策したいなら

 

「汗をかくことはあっても帯枕がぐっしょり濡れるほどではない」という人は、普通の帯枕をガーゼでくるんで使うのがよいです。

 

汗が気になったところでガーゼをはずして洗います(もちろん洗濯機でOK)。

 

または帯枕を薄いものにして、木綿か麻の薄いタオルを巻いてガーゼでくるみます

 

この場合も、巻いたタオルとガーゼを時々洗えばよいです。

 

 

帯板の手入れ・汗かきさんの対処法

 

帯枕・帯板・帯・帯締め・帯揚げ

 

汗かきの人で「帯板」もどうしても洗いたいというなら、紙製品でなければ洗えるはずです。

 

洗面器などにお水をはって、中性洗剤を溶かして、手でなでるか柔らかいブラシで洗いましょう。

 

型崩れしないように気をつけてください。

 

すすぎも忘れずに。

 

汗かきの人は、夏でなくても夏用の穴のあいたプラスチック製のものにすると、通気性がよくなり少しは楽です。

 

 

帯枕・私の使い方

 

帯枕いろいろ・ガーゼでくるんであります

 

帯枕はそのまま使えばいいのですが、細いひもがついている場合は、枕もひももガーゼでおおって使っています。

 

枕についている紐が細いと枕が安定しにくいののと、帯枕をガーゼ布でおおうと枕が背中で安定しやすくなるからです。

 

また薄い帯枕をハンドタオルなどでくるんでちょうどよい大きさの形にして、ガーゼでおおって使うと、帯枕が背中に密着しやすくなり扱いやすいですよ。

 

「帯枕」「帯板」のお手入れ・汗かきさんの対処方法・まとめ

 

通常は湿気と体温をとばすためハンガーに掛けるか、風通しのよい机の上などにしばらく置いておきます。

 

汗をよくかく人は、帯枕を麻か木綿のタオルを巻いて代用しましょう。

 

それをガーゼでおおって帯枕にすれば、いつでも洗えます。

 

へちまの帯枕が涼しいので、汗かきさんは年中利用するとよいです。

 

「帯板」は紙製でなければ洗えます。型崩れしないように洗ってください。




スポンサーリンク






友人がうらやむハリのある毎日・2か月分の現品お試しセッ70%FF!2980円



二部式着物?ツーピース着物?いえいえ!きらこよしえ流『お気軽着物』です。

格安で着物を手に入れて、その着物をわずか3分で着付ける方法お気軽着物の作り方

格安で着物を手に入れて、その着物をわずか3分で着付ける方法お気軽着物の作り方

お気軽着物誕生物語はこちら



  Yahoo!ブックマークに登録する はてなブックマークに登録する livedoorクリップに登録する イザ!ブックマークに登録する


ホーム RSS購読 サイトマップ
トップ メールマガジン プロフィール お気軽着物の作り方