帯の基本のお手入れ・アイロンのあて方・保管の仕方

帯の基本のお手入れ・アイロンのあて方・保管の仕方

スポンサーリンク

帯の基本のお手入れ・アイロンのあて方・保管の仕方

帯の基本のお手入れ・アイロンのあて方・保管の仕方

帯の基本のお手入れ方法をお伝えします。

 

帯着物ハンガーで湿気とばし

 

帯を着用して脱いだら、着物用ハンガーに帯をかけて(洋服用のハンガーでも可)日光のあたらないところで、2時間以上置きます。

 

こうして体温や湿気を取り除いてから、汚れがないかどうか見てみます。

 

着物と同様に、柔らかい木綿の布か木綿の化粧用パフ、あるいは毛足の柔らかいブラシで、そっとぬぐうようにホコリをはらっておくのがおすすめです

 

お太鼓を普通に結んだときのシワであれば、きちんとたたんで収納すれば徐々にシワはとれていきます。

 

気になるシワがあれば、アイロンをあててとります。

 

スポンサーリンク


 

帯の手入れ・アイロンのかけ方

 

アイロンをあてるときは、最初は裏側から「あて布」をしてから中温でおこなってください。

 

それでもとれないときは、あて布に霧をふいて帯にのせ、そこにアイロンをあてます。

 

それでもとれないときは、表側から同じ作業をしますが、帯生地が変色しないことを目立たない場所で確認してからにしてください。

 

アイロンはすばやく動かして、軽く押す程度の力でかけてください。

 

刺繍や金銀箔などがほどこしてあるところは、特に注意してそっとかけるかまたはかけないようにしてください。

 

(※絶対大丈夫とはいえないので、自己責任でお願いします)

 

 

帯は洗わない方がいいのかどうか

 

永年経過するに従って、うっすらとした汚れが気になることがあります。

 

帯は基本的にクリーニングしないといわれてきましたが、近年洗いの技術の進歩していますので、引き受けてくれるお店も増えています。

 

帯は素材や織りが複雑なので、着物クリーニングの専門店に依頼してください。

 

 

汚れのつきやすいか所

 

帯は汚れやすい場所は決まっています。

 

胴の前にあたる部分と、お太鼓の部分です。

 

半幅帯、袋帯で変化結びをするようなら、結びのところ全体を見て汚れがあるかどうか、毎回確認しましょう。

 

シミ、ピンポイントの汚れは、和装のお直しをしてくれる「悉皆や」などに依頼してください。

 

 

刺繍のほつれの直しについて

 

刺繍のあるアンティーク帯

 

刺繍のある帯は、小さなきっかけで刺繍の糸がほつれることがあります。

 

和装のお直しをしてくれる「悉皆や」などで、補修できるかどうかを確認して依頼します。

 

 

洗える帯なら家庭で洗える?

 

最近は「洗える帯」と表示されている帯がありますね。

 

型くずれや色落ちがない、洗ってOKのような表示ではありますが、確認してから洗ってくださいね。

 

洗える帯にも二種類ある

 

「洗える帯」という表示でも、ドライクリーニングができるという場合は、普通のクリーニング店でドライクリーニングにだせるということです。

 

つまり「家庭での洗いはできない」ということです。

 

「洗える帯」という表示で家庭で洗っていい場合もあります。

 

どちらも化繊であるとは思いますが、帯の形状で違いがあるようです。

 

自宅で手洗いしていいのか、洗濯機に放り込んでいいのか、家庭では洗ってはいけないのか。

 

洗濯表示がある場合はそれに従ってくださいね。

 

 

帯の保管方法

 

保管は湿気のたまらない家具に収納します。

 

和服用の箪笥が望ましいですが、通気性のよい家具ならOKです

 

たくさん積み上げて入れっぱなしにすると、湿気がたまりやすいので、年に何回かは取り出し 乾燥した空気に当てるようにしましょう。

 

 

中古の帯を購入すると、ビニール製の袋状の入れ物に入っていることがありますが、そこに入れて保管しないようにしましょう。
ビニール製の袋は湿気がたまりやすく帯を痛める可能性があります。

 

 

それぞれの帯の種類に合ったたたみかたをして、収納します。

 

帯のたたみ方はこちらを参考にしてください。⇒「帯のたたみ方(袋帯・名古屋帯・半幅帯・兵児帯)はここを見れば大丈夫です


スポンサーリンク










二部式着物?ツーピース着物?いえいえ!きらこよしえ流『お気軽着物』です。

格安で着物を手に入れて、その着物をわずか3分で着付ける方法お気軽着物の作り方

格安で着物を手に入れて、その着物をわずか3分で着付ける方法お気軽着物の作り方

お気軽着物誕生物語はこちら

不要になった着物は買い取りに出してます

その価値を活かしてもらえる「買取り」にだすのはどうでしょう?買取価格が値上がり中なんですって

買取プレミアム

着物の高価買取専門【買取プレミアム】


  Yahoo!ブックマークに登録する はてなブックマークに登録する livedoorクリップに登録する イザ!ブックマークに登録する


ホーム RSS購読 サイトマップ
トップ メールマガジン プロフィール お気軽着物の作り方