帯のお手入れ

帯のお手入れ

スポンサーリンク

帯のお手入れ

帯着物ハンガーで湿気とばし

(帯着物ハンガーで湿気とばし)

 

着物を脱いだら、着物用ハンガーに帯をかけて(洋服用のハンガーでも可)直射日光のあたらないところで、2時間以上置きます。

 

着物と同様に、柔らかい木綿の布か木綿の化粧用パフ、あるいは毛足の柔らかいブラシで、そっとぬぐうようにホコリをはらいます。

 

大きなシワがついていれば、アイロンを当ててもいいですが、きちんとたたんでしまえば、徐々にシワはとれていきます。(素材によりとれにくいものもあります。)

スポンサーリンク


 

アイロンを当てるときは、あて布をしてからにしてください。

 

胴の前にあたる部分に汚れがついていないかを確認します。

 

それぞれの帯の種類に合ったたたみかたをして、収納します。

 

帯も永年経過するに従って、うっすらと汚れがついてくることがあります。

 

きれいにしたいとお考えなら着物のクリーニングのできるお店で、帯のクリーニングを頼んでください。

 

帯は基本的にクリーニングしないといわれてきましたが、技術も進歩していますので、引き受けてくれるお店も増えているようです。

 

刺繍のある帯は、刺繍の糸がほつれていないかを確認します。刺繍のほつれは専門店(悉皆や等)で補修をしてくれますので、気になる場合は早めに依頼します。

 

最近は洗える帯もありますが、型くずれや色落ちなどのないよう、購入されるときに洗い方を確認しておいてください。

 

帯を購入するときに、ビニール製の袋状の入れ物に入っていることがありますが、そこに入れっぱなしにすると湿気がたまりやすく帯を痛める可能性がありますので、できればその袋から出しておいた方がよいです。

 

帯のたたみ方はこちらを参考にしてください。⇒「帯のたたみ方(袋帯・名古屋帯・半幅帯・兵児帯)はここを見れば大丈夫です

 

インターネットで探してみると、帯だけ専門にクリーニングを受けているお店もありました。

 

染み抜きを合わせてやってくれたり、カビとりもできるお店もあります。

 

 



スポンサーリンク








  Yahoo!ブックマークに登録する はてなブックマークに登録する livedoorクリップに登録する イザ!ブックマークに登録する

二部式着物?ツーピース着物?いえいえ!きらこよしえ流『お気軽着物』です。

格安で着物を手に入れて、その着物をわずか3分で着付ける方法お気軽着物の作り方

格安で着物を手に入れて、その着物をわずか3分で着付ける方法お気軽着物の作り方

お気軽着物誕生物語はこちら

無料のプレゼント

着付けのおけいこ入門*浴衣で入門

管理人が作った無料プレゼントです。『浴衣入門』 ゆかたでおでかけできるまで

↓↓↓↓↓

無料テキスト『着物を始めたい!着付けのおけいこ入門・浴衣で入門』



不要になった着物は買い取りに出してます
その価値を活かしてもらえる「買取り」にだすのはどうでしょう?買取価格が値上がり中なんですって着物買取のヤマトク

ホーム RSS購読 サイトマップ
トップ 無料講座教材 メールマガジン プロフィール お気軽着物の作り方