帯揚げ・帯締めのお手入れ

帯揚げ・帯締めのお手入れ

スポンサーリンク

帯揚げ・帯締めのお手入れ

帯揚げ帯締めがハンガーに掛けてあるところ

(帯揚げ帯締めがハンガーに掛けてあるところ)

 

 

帯揚げの基本のお手入れ方法は、体温や湿気を飛ばすため、脱いだらハンガーなどに掛けて、風通しのよいところに吊るしておきます。

 

絞りの帯揚げは、アイロンをあてると絞りが伸びてしまうことがあるので、アイロンをあてないようにします。

スポンサーリンク


 

 

シワが気になるときは、アイロンをあてますが、必ずあて布をしてからあてるようにしてください。

 

帯揚げにあて布、アイロン
(帯揚げに当て布、アイロン)

 

絞りのあるものは絞りの部分をつぶさないよう、長さを半分にしてからゆるく巻いていくか、半分に、半分にと折っていき、収納しやすい長さにして、ぎっしり詰めないように収納します。

 

もし汚れがついてしまったら、中性洗剤でスカーフを洗うようにやさしく洗ってください。(縮むことがありますのでご自分の責任でお願いします)

 

すすぎ後はタオルで水分をとって、陰干ししアイロンをあてます。

 

 

帯締めの基本のお手入れ方法は、脱いだあと帯揚げと同じように、風通しのよいところにハンガーなどでしばらく吊るしておきます。

 

房がばらつかないようにたたんで、収納場所にいれます。房にかぶせる透明のカバーがありますので、それを利用すると房が乱れることがありません。

 

房だけをカバーするもの、帯締め全体をカバーするものがあってそれぞれ「房カバー」「帯締め収納カバー」などの商品名で販売されています。

 

またこのカバーがなくても、房の長さに合った紙でくるりと巻いておいても房が乱れませんし、帯締めを四分の一の長さにたたんで紙で巻いておいてもよいです。

 

帯締めカバー・紙で簡単にその1

(帯締めカバー・紙で簡単にその1)

 

 

白い紙を用意して、四分の一にした帯締めをくるみます。

 

 

 

 

帯締めカバー・紙で簡単にその2

(帯締めカバー・紙で簡単にその2)

 

 

 

この写真でいくと右側、ふさのない方へ、少し引いて、房がかくれるようにします。

 

 

 

帯締めカバー・紙で簡単にその3

(帯締めカバー・紙で簡単にその3)

 

こうしておくと、房は乱れませんし、取り出すときもひと目でどんな帯締めかわかります。そして繰り返しこの紙の筒は使えます。

 

二度目からは、房のない方から筒に入れて先を押し出すようにし、房を整えながら房が隠れるところまで先をずらせます。

 

普段使いの帯締めは、ハンガーに吊るしておくだけでもかまいません。

 

次に着物を着るとき、帯締め、帯揚げの組み合わせを考えるときに、すぐに見分けがつき、すぐ取り出せる、そしてすぐに使えるように収納するのがポイントです。

 

もし房がボサボサになってしまって見苦しくなったら、アイロンややかんの蒸気をあててから、軽くアイロンをあててのばしてください。そのとき粗いくしでとくと、真っ直ぐにもどりやすいです。

 

透明タイプの帯締めの房カバーなど市販品もあります。

 



スポンサーリンク








  Yahoo!ブックマークに登録する はてなブックマークに登録する livedoorクリップに登録する イザ!ブックマークに登録する

二部式着物?ツーピース着物?いえいえ!きらこよしえ流『お気軽着物』です。

格安で着物を手に入れて、その着物をわずか3分で着付ける方法お気軽着物の作り方

格安で着物を手に入れて、その着物をわずか3分で着付ける方法お気軽着物の作り方

お気軽着物誕生物語はこちら

無料のプレゼント

着付けのおけいこ入門*浴衣で入門

管理人が作った無料プレゼントです。『浴衣入門』 ゆかたでおでかけできるまで

↓↓↓↓↓

無料テキスト『着物を始めたい!着付けのおけいこ入門・浴衣で入門』



不要になった着物は買い取りに出してます
その価値を活かしてもらえる「買取り」にだすのはどうでしょう?買取価格が値上がり中なんですって着物買取のヤマトク

ホーム RSS購読 サイトマップ
トップ 無料講座教材 メールマガジン プロフィール お気軽着物の作り方