「三分割作り帯」の作り方と装い方・誰でもできる手順書付き

「三分割の作り帯」作り方と装い方・誰でもできる手順書付き

スポンサーリンク

「三分割の作り帯」作り方と装い方・誰でもできる手順書付き

三分割の作り帯の作り方と装い方手順紹介

この写真のお太鼓の帯は「三分割」にした帯で装っています。

 

後ろ姿を見ても、お太鼓を三つにわけて作成していることは見た目ではわかりません。

 

作る必要はあるものの、この帯には利点が多いです。

 

  • 使用する布が最も少ない
  • 自分の好きな布を利用できる
  • ミシンでもできる

 

そのため軽いし、身に着けやすいです。

 

結ぶわけではないので、「作り帯」「付け帯」と呼ばれる仲間になります。

 

体への負担が少ないはずなので、体調の悪いときや、介助が必要な方にも楽に帯をつけてもらえると思います。

 

ではさっそく、「三分割の作り帯」の作り方から紹介します。

 

スポンサーリンク


 

三分割の作り帯の作り方

<三分割の作り帯基本ポイント>

 

  • 反物なら4メートル70センチあればできます。
  • リバーシブルで作る場合は、反物は二種類それぞれ2メートル35センチです。
  • 「胴に巻く部分」「お太鼓の部分」「手先の部分」の三つにわけて作ります。
  • ミシンで縫うこともできます。

 

具体手にな作り方順序

 

ここでは平織りの絹の反物を使ったので、ミシン縫いしています。

 

そして、両面が使えるようにしたかったので、反物を二種類、それぞれ2メートル35センチ用意しました。

 

 

<製作に必要なもの>

 

  • 帯用の芯 幅30.5センチ×2メートル17センチ
  • 腰ひも1本(またはそれに代わるもの)
  • 布40センチを2種、95センチを2種、100センチを2種(リバーシブルで作成のため)
  • ミシン・ミシン糸
  • 糸切りはさみ・裁ちばさみ
  • アイロン・ものさし

 

この例では、一方が多色の縞で、一方が黒地に小花の反物です(洋服地でもOK)。

 

腰ひもは二分の一にするか、85センチにそろえるかします。

 

 

一番短い「手の部分」の作り方から説明します。

 

これにならって、「胴の部分」「お太鼓の部分」を作ります(どれも長方形ですから作り方は同じです)

 

 

「手の部分」の作り方

 

三分割作り帯・中表にして縫い合わせます

 

以下反物の場合で説明していきます。

 

長さ40センチに布を切断します。

 

中表に合わせて、右は端から3センチのところ、上下は31、5センチの幅になるよう端から均等にはかって縫います。

 

左は端から1、5センチのところを縫います。

 

左は20センチほど返し口を開けておきます。

 

 

三分割作り帯・上下の角は少し斜めに縫う

 

右の上下の角は、裏返ししやすいように、斜めに外側に縫っておきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

三分割作り帯・上下右の縫い代を倒し芯を置く

 

上下の縫い代を2ミリ余分に折り曲げ、右は1センチ余分に折り曲げてアイロンを当てます。

 

右の上下の角はおりたたんで、折り目が戻らないよう縫いとめておきます。

 

帯の芯を置きます。芯は幅30.5 長さ34.0です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

三分割作り帯・上下右を縫いとめます

 

倒した縫い代と芯を、右、上、下の3か所のみ縫いとめます。

 

ここが一番難しいところですが、下敷きやクリファイルのようなものを入れて、下の生地を縫ってしまわないようにしてください

 

返し口を開けた左側も、2ミリ余分に縫い代を折り曲げ、角の縫い代を縫って押さえておきます。

 

 

三分割作り帯・表に返し返し口を縫い閉じる

 

返し口から手を入れて表に返します。

 

アイロンを当てて形を整え、返し口を縫い閉じます。

 

 

 

 

 

 

 

 

三分割作り帯・手の部分完成

 

手先の部分が完成しました。

 

ここはお太鼓にするとき、半分の幅に折って使います。

 

写真のように幅を折ります。手先の部分の出来上がりの長さは約35センチになります。

 

わかりやすくするために、白い木綿糸を使っていますが、生地の地色に近い色の糸を使ってください。

 

糸そのものは表側から見えなくはなりますが。

 

 

 

お太鼓の部分と、胴に巻く部分は、この手先の作り方と同じです。

 

作業がしやすいように、自分で見たとき、幅を上下に置くとよいです。

 

上の説明だと、芯の大きさがわかりにくいでしょうか?

 

基本的に、芯の長さは生地より6センチ短くして、幅は30.5センチにするとよいです

 

三つの部分ができあがったとして、できあがりのサイズはこのようになります。

 

出来上がりサイズ

 

お太鼓の部分の生地の目安=100センチ(芯は94センチ)(出来上がり95センチ)

 

胴に巻く部分の生地の目安=95センチ(芯は89センチ)(出来上がり90センチ)

 

手の部分の生地の目安=40センチ(芯は34センチ)(出来上がり35センチ)

 

反物の場合は幅はそのまま使います。

 

そして手先の部分と違うのは、胴に巻く部分だけは、紐を二か所取り付けることです。

 

 

胴に巻く部分のひもの取り付け方

 

三分割作り帯・胴に巻く部分の紐の取り付け方

 

胴に巻く部分を、半分の幅に折ってみて、折り目から紐を取り付けます。

 

体に巻くときは、紐の縫い目が外側になります。

 

紐の長さは85センチにしてあります。普通体型ならこれくらいがよいと思いますが好みで変更してください。

 

腰ひもを半分の長さにして、取り付けてもよいです。

 

 

「三分割の作り帯」のつけ方(装い方)

 

三分割作り帯つけ方・胴に巻く

 

それでは、出来上がった三分割作り帯を装います。

 

胴の部分を胴に巻き付け、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

三分割作り帯つけ方・紐を前で結びしまう

 

紐を前に持ってきて結び、帯の下にしまいます。

 

帯板は帯の間に挟みます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

三分割作り帯つけ方・背中にタオルをはさむ

 

胴帯の背中に、ハンドタオルをたたんで差し込みます(置くという感じです)。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

三分割作り帯つけ方・帯揚げ掛けた枕を置く

 

帯揚げを掛けた帯枕を、お太鼓部分の帯の上から20センチほどのところにあてて、胴帯の上の背中にあてます。

 

帯枕の紐を前でしっかり結び、帯の内側に入れます。

 

帯揚げは後でかざるので軽く縛っておきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

三分割作り帯つけ方・仮紐でお太鼓底を決める

 

仮紐でお太鼓の底を決め、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

三分割作り帯つけ方・手先半分幅で帯締めしめる

 

手先の部分を半分幅にして、お太鼓に差し入れます。

 

帯締めを通して前でしっかりと締め、仮紐をとります。

 

帯揚げを飾ります。

 

左右を確かめてみて、胴帯の紐が見えていないかを確認します。

 

お太鼓の着装ができました。

 

 

 

 

 

 

 

三分割作り帯つけ方・完成前からみたところ

 

前からみたところです。

 

 

ここではリバーシブル(両面使い)の帯にしたので、反対側でもお太鼓姿になれます

 

どうせ手作りするなら、この方がお得ですね!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

三分割作り帯つけ方・別柄の方でお太鼓を

 

さきほどの裏というか、もう一方の柄を出してお太鼓にしました

 

今度はお太鼓を小さ目にしました。

 

小柄な方ですと、お太鼓の山の上からたれの下まで、30センチほどかと思います。

 

小ぶりのお太鼓がお好みの場合は、お太鼓部分は作り方で説明したものより短くても大丈夫です。

 

 

 

 

 

 

三分割作り帯つけ方・別柄で前からみたところ

 

別柄の方を前から見ました。

 

リバーシブル帯とは、誰もわからないはずですよ。

 

芯は固めの方が、つけやすいかと思います。

 

帯揚げも、同じ生地で作ったものです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

三分割作り帯・お揃い帯揚げアップ

 

同じ生地なので、ちょっとアレンジしています。

 

アレンジがきく、カジュアルな帯締めです。

 

詳しい作り方はこちら⇒丸ぐけ帯締め(丸ぐけひも)の作り方

 

 

 

三分割の帯の利点メリット

 

この三分割作り帯は、少ない生地で作れるのもよいところですが、ほかにもこんな利点があります。

 

  • 背の低い方、お太鼓の形を小さく作りたい方で普通の帯が長すぎる方に向いています。
  • 胴に二重巻かないので体への負担が少ないはずで、体調の悪いときにも適しています。
  • ご自分の好みの色柄の帯を作ることができ、独創的な着物姿になれます。
  • 車いすに乗る方や介助で帯を締める方は、介助する人が楽になります。

 

そのほか参考にしていただきたい点です

 

作成にあたってあらかじめ参考にしていただきたい点をあげておきます。

 

  • 胴帯は、補正後着物を着て伊達締めをしたあとの段階で、胴回り85センチとして作ったものです。
  • これより15センチ細い方まではこの寸法でよいですが、これより大きい方はその分布を長くしてお作りください。
  • また布に余裕があれば、胴回り85センチの方でも10センチほど長く作ると、背中のタオルがはさみやすくなります。
  • 帯芯の固さはいろいろありますが、固めの方が作りやすく、つけやすいと思います。
  • たたむときは、お太鼓部分に線がつかないようにたたんでください。

 

いかがでしたか?長方形のものを三つ作って紐を二か所つけるだけ。

 

気に入った生地があればお試しくださいね。

 

洋服生地で作る場合は、端のほつれが気になるかもしれません。

 

ほつれやすい生地は、端のしまつをしてから製作してください。




スポンサーリンク





二部式着物?ツーピース着物?いえいえ!きらこよしえ流『お気軽着物』です。

格安で着物を手に入れて、その着物をわずか3分で着付ける方法お気軽着物の作り方

格安で着物を手に入れて、その着物をわずか3分で着付ける方法お気軽着物の作り方

お気軽着物誕生物語はこちら

不要になった着物は買い取りに出しています

着物の高価買取は【ウルトラバイヤープラス】全国無料で気軽に査定!

価値を活かしてもらえる「買取り」にだすのはどうでしょう?

買取価格が値上がり中なんですって!







  Yahoo!ブックマークに登録する はてなブックマークに登録する livedoorクリップに登録する イザ!ブックマークに登録する


ホーム RSS購読 サイトマップ
トップ メールマガジン プロフィール お気軽着物の作り方