上っ張り(着物用)とは・着物にはおる家庭用上着

上っ張り(着物用)とは・着物にはおる家庭用上着

スポンサーリンク

上っ張り(着物用)とは・着物にはおる家庭用上着

上っ張り市販品

着物を日常でも着るようになると、上っ張りと呼ばれる上着があるととても重宝します。

 

「上っ張り」はひとつのものを指すのではなくて、事務服とかスモックのように、衣服の上に羽織って衣服の汚れを予防するものです。

 

着物でいう上っ張りは、作務衣の上着によく似た、袖幅が広い上半身の衣服です。

 

春、秋、冬に羽織ることが多いので、薄手のウール製のものを中心に市販されています。

 

帯を締めても十分なゆとりが設けてあります。

 

 

 

スポンサーリンク


 

衿の形は着物と同じで、袖幅が広く船底になっていて、袖口は狭くして着物の袖が出てこないようになっています。

 

前合わせがあるので帯が隠れ、汚れる心配もなくなります。

 

この市販品は、脇が少し空いています。

 

 

 

上っ張り・自作のもの

 

こちらのものは、大塚末子先生の出された本を見て作りました。

 

もじり袖と呼ばれる、袖の下側でバイアスになっている仕立て方なので、腕の上げ下ろしが楽にできます。

 

袖口は16センチあってそのまま着ていますが、テキストを見返してみたら、ゴムを通してありました。

 

仕事着としてなら、袖口がきっちり閉まっていた方が便利でしょう。

 

脇は閉じているタイプのものです。

 

 

 

上っ張り・上前、下前とも紐で閉じるようになっています

 

着方は、腕をそのまま袖に通すのでなく、着物の袖をたたむようにして、袖口を指で押さえて袖にとおします。

 

下前についている紐と、左の脇にある紐を締めます。

 

そして上前の紐と、右の脇にある紐を締めます。

 

 

 

 

家でもっぱら着物を着るようになったら、上っ張りがあると本当に気軽に過ごせます。

 

自分で作るときは、裾をもっと長くして、ヒップが隠れるくらいにするとさらによいと思います。

 

衣紋を詰め気味にした方が、上っ張りの着心地もよくなるような気がします。

 

ちなみに、この上っ張りなら、6メートルの反物でできます。

 

 

大塚末子先生の御本は、ずいぶん前からロングセラーになっているようです。

 

このページ、作ったときのメモ書きが残ってます。^^ 「大塚末子の新・ふだん着」本はアマゾンでまだ販売していました。

 

大塚末子さんの本

 


スポンサーリンク










二部式着物?ツーピース着物?いえいえ!きらこよしえ流『お気軽着物』です。

格安で着物を手に入れて、その着物をわずか3分で着付ける方法お気軽着物の作り方

格安で着物を手に入れて、その着物をわずか3分で着付ける方法お気軽着物の作り方

お気軽着物誕生物語はこちら

不要になった着物は買い取りに出してます

その価値を活かしてもらえる「買取り」にだすのはどうでしょう?買取価格が値上がり中なんですって

買取プレミアム

着物の高価買取専門【買取プレミアム】


  Yahoo!ブックマークに登録する はてなブックマークに登録する livedoorクリップに登録する イザ!ブックマークに登録する


ホーム RSS購読 サイトマップ
トップ メールマガジン プロフィール お気軽着物の作り方