黒留袖(とめそで)・既婚女性の正装・格と合わせる帯バッグ履物

黒留袖(とめそで)・既婚女性の正装・格と合わせる帯バッグ草履装い

スポンサーリンク

黒留袖(とめそで)・既婚女性の正装・格と合わせる帯バッグ草履装い

黒留袖の裾模様の例

黒留袖(くろとめそで)の格や合わせる帯、バッグや草履、装い方についてまとめました。

 

黒留袖は主に結婚式で見かけます。

 

既婚女性の正装であり、装い方には一定のルールがあります

 

ルールはむつかしく感じますが、ルールさえっ知っていればその通りにするだけでよいので、むしろ安心感があります。

 

お嬢様やご子息が成長されるころには、黒留袖のルールについて知っておかれるといいと思います。

 

 

黒留袖の格と着方装いのルール

 

黒留袖の格

 

黒留袖の後ろ姿

 

黒留袖は既婚女性の正装です。

 

このことは、大正4年の「皇室令」によって定められました

 

「留袖(とめそで)」は上半身には模様がなく、腰から下だけに模様を配置した着物です。

 

着物の地が黒の「黒留袖」と一色の地色の「色留袖」があります。

 

主に結婚式で新郎新婦の母親や既婚の親族の女性、お仲人の女性が着ます。

 

慶びの席に着るものなので、吉祥文様が彩色豊かにきらびやかに描かれていたり、装飾されています。

 

裾模様の装飾は、古典模様でもモダンな柄でも格は変わりません

 

 

黒留袖の由来

 

もともとは、結婚した女性が振袖の丈を短くして縫ってふさぎ、「婚家に入ってから色を変えない誓い として 婚家にとどまる」という意味から 着ていたきものでした。

 

袖を詰めて婚家にとどまる⇒留袖

 

スポンサーリンク


 

黒留袖の着方装い方のルール

 

黒留袖の衿の比翼

 

以前は下着(上着の下に着る着物)を重ねてきていて、その残りで白い布の「比翼(ひよく)」をつけて仕立てます。

 

黒留袖の比翼は必ず白です。

 

比翼は、袖、衿、裾に、取り付けてあります(付け比翼といいます)

 

黒留袖の裾の比翼

 

黒留袖には、必ず染め抜き日向(ひなた)五つ紋をつけます

 

五つ紋の位置

 

五つ紋の取り付け位置は、背中心、両胸、両外袖です。

 

日向(ひなた)紋というのは、紋の部分を白く染め抜いた紋です。

 

陽紋(ひなたもん)ともいいます。

 

それに対応する日陰紋という紋は、紋の輪郭を白く染め抜いた紋です。

 

 

半衿、帯締め、帯揚げは白

 

黒留袖を装うときは、半襟は必ず白にします。

 

基本は塩瀬の素材です。

 

白地に白や金、銀の刺繍半襟 でもOK です。

 

 

帯締めは 白地のもので金銀の礼装用を もちいます。

 

色が入っているものは合わせません。

 

帯揚げは必ず白地のものを用います。

 

綸子または絞りの白地に金銀の入る帯揚げを用います。

 

左側に黒骨に金銀地紙の「祝儀扇」を挿します。

 

 

袋帯は二重太鼓

 

帯は格調の高い豪華で品格のあるものを選びます。

 

白金銀を用いた袋帯を二重太鼓に結びます。

 

 

バッグと草履

 

黒留袖に向くバッグ草履のセット

 

バッグと草履がセットになっているものが一般的です。

 

白地に金銀使いの小型の布製のバッグが正式です。

 

草履も佐賀錦など高級な布製の草履を用います。

 

 

髪型や髪飾り

 

ヘアメイクについても品格重視で装います。

 

ボリュームのあるアップで、 髪飾りは落ち着いた品格のあるものにしましょう。

 

その他装飾品はつけません。

 

 

年齢による装いかたの違い

 

一般的には、年齢が低いほど留袖の裾模様は高い位置までとし、

 

年齢が高くなほど裾模様の位置は低い模様付けとします。

 

 

「飾りじつけ」は取らないで!

 

黒留袖の裾の飾りじつけ、飾りじつけは取らないで

 

細かく白い糸でぐし縫いがしてあるのが「飾りじつけ」です。

 

袖、衿、裾に施してあります

 

生地がずれないことと、装飾の一つなので取らないでくさいね!

 

 

黒留袖(とめそで)・既婚女性の正装・格と合わせる帯バッグ草履装い・まとめ

 

黒留袖は既婚女性の正装で最も格が高い装いです。

 

ルールを知っておけば迷うこともなく安心です。

 

ふさわしい帯、帯締め、帯揚げを合わせてください(小物はセットになっているものを利用するとよいです)。

 

ヘアメイクも品格を重視して、アクセサリー類はつけないが基本です。




スポンサーリンク








二部式着物?ツーピース着物?いえいえ!きらこよしえ流『お気軽着物』です。

格安で着物を手に入れて、その着物をわずか3分で着付ける方法お気軽着物の作り方

格安で着物を手に入れて、その着物をわずか3分で着付ける方法お気軽着物の作り方

お気軽着物誕生物語はこちら

不要になった着物は買い取りに出してます

その価値を活かしてもらえる「買取り」にだすのはどうでしょう?買取価格が値上がり中なんですって

買取プレミアム

着物の高価買取専門【買取プレミアム】


  Yahoo!ブックマークに登録する はてなブックマークに登録する livedoorクリップに登録する イザ!ブックマークに登録する


ホーム RSS購読 サイトマップ
トップ メールマガジン プロフィール お気軽着物の作り方