男性用、おしゃれ着普段着の着物

男性用、おしゃれ着普段着の着物

スポンサーリンク

男性用、おしゃれ着普段着の着物

男性用ウールの着物(長着)
(男性用ウールの着物(長着))

 

男性のおしゃれ着の着物は、紬、ウール、木綿、化繊の素材の長着(ながぎ・着物のこと)と対の羽織のスタイルが一般的です。

 

男性用ウールの羽織
(男性用ウールの羽織)

 

普段用の着物もほぼ一緒で、家の中や近所へ出かける日常着として着るのであれば、紬以外のものになるでしょう。(紬は絹ですので高価・手入れ難しい面があるため)

スポンサーリンク


 

着物と羽織は対でなくても、相性のよいもの、色のバランスのよいものであれば、日常着として着るのであれば問題はありませんが、おしゃれ用(または外出用)として羽織を着るのであれば、素材が同じかそれ以上の見劣りしないものがよいと思います。

 

男性の長着(着物)は、調整する部分がないので、基本的に身長に合わせて仕立てることになります。

 

しかしながら探せば既製品もあります。ただサイズはSMLの三種類というところですので、着丈がやや短い、長いといった気になる点もでてくるかもしれません。(先日探してみたところ、LL、3Lというサイズを扱う店舗もありました)

 

男性の着物は、紺色の着物が多いですが、茶、ねずみ、緑、ベージュといったしゃれた色目も増えています。

 

主に無地かそれに近いものが主流で、縞模様がそれに続きます。

 

元禄時代ころの時代劇で見るような、派手な模様や柄付けは、現代ではほとんど見かけなくなっています。

 

長じゅばんは柄物が多く、普段用に主に用いられるウール素材のものには、派手な柄をよく見かけます。

 

男性用ウールの長じゅばん
(男性用ウールの長じゅばん)

 

帯は角帯(かくおび)と兵児帯(へこおび)の二種類で、兵児帯は普段着や浴衣に合わせ、角帯はどんな着物のときでもかまいません。

 

角帯は、幅約10センチ、長さ3.8〜4.2メートルほどの帯で、袋帯、ひとえ帯、帯芯入りのものなどがあります。

 

角帯・紺
(角帯・紺)

 

角帯・リバーシブル
(角帯・リバーシブル)

 

兵児帯は、幅50〜74センチ、長さが3.5〜4.0メートルほどの帯で、絞りを施してあるものが主流です。

 

兵児帯・部分絞り
(男性用兵児帯・部分絞り)

 

男性の着物姿は半襟と帯でアクセントをつけるので、着物とのバランスのよい色目のものを用意します。

 

足袋は普段用には、黒や紺、ねずみ色といった色のついたものをよくはきます。

 

男性用普段用足袋・黒
(男性用足袋・普段用黒)

 

男性の帯の結び方については、ただいま計画中です、しばらくお待ちください。

 

 

 

スポンサーリンク










二部式着物?ツーピース着物?いえいえ!きらこよしえ流『お気軽着物』です。

格安で着物を手に入れて、その着物をわずか3分で着付ける方法お気軽着物の作り方

格安で着物を手に入れて、その着物をわずか3分で着付ける方法お気軽着物の作り方

お気軽着物誕生物語はこちら

不要になった着物は買い取りに出してます

その価値を活かしてもらえる「買取り」にだすのはどうでしょう?買取価格が値上がり中なんですって

買取プレミアム

着物の高価買取専門【買取プレミアム】


  Yahoo!ブックマークに登録する はてなブックマークに登録する livedoorクリップに登録する イザ!ブックマークに登録する


ホーム RSS購読 サイトマップ
トップ メールマガジン プロフィール お気軽着物の作り方