浴衣(ゆかた)

浴衣(ゆかた)

スポンサーリンク

浴衣(ゆかた)

浴衣(ゆかた)の一例
(浴衣(ゆかた)の一例)

 

浴衣は夏のおしゃれ着、遊び着として定着しています。花火大会、ビアガーデン、夏祭り、盆踊りなど、夏のイベントに利用する人が増えています。

 

浴衣で来場した人には、「割引」という特典をつけて、いろんなお店がお誘いしているのも見受けます。

 

着物をまだ日常に着ていた昭和40年代ごろまでは、浴衣といえば白地か藍地のもので、多色使いの浴衣はそれからボチボチ出てきたようです。

スポンサーリンク


 

近年では多色で華やかな柄が主流で、若い女性は使い捨て感覚で毎年買い換える人もあるようで、外国産の安価なものが出回っています。

 

浴衣(ゆかた)の一例
(浴衣(ゆかた)の一例)

 

本来は昼間には着ずに、夕方以降のお風呂あがりに、素肌に着ていたものですが、そんなことを知っている人も少ない時代です。

 

着物の入門として浴衣は最適なので、大いに夏の遊び着として楽しんでください。

 

浴衣には主に浴衣帯半幅帯を合わせます。近年華やかな兵児帯(へこおび)も登場していますので、大人の女性の兵児帯姿もよく見かけるようになってきました。(兵児帯といえば男性と子供のものだったのですが)

 

浴衣は本来下着をつけないものでしたが、外出着として着る現代の浴衣の着方は、少なくとも汗取りの下着をつけ、透けて見えないようにします。

 

素足に下駄を履きますが、履きなれないと鼻緒ずれで足が痛くなることがあります。遊び用でしたら、いつもはいているミュールやサンダルを履いてもいいでしょう。

 

浴衣(ゆかた)の一例
(浴衣(ゆかた)の一例)

 

下駄を履くときは、ずるずると引きずった歩き方にならないよう、軽快に歩けるよう練習をしておくと浴衣姿がはえます(靴の歩き方と下駄の歩き方には違いがあるため下駄に少しでもなれておくといいですよ)。

 

浴衣の中でも高級といわれる、絹紅梅(きぬこうばい)絞り注染長板染(ちゅうせんながいたぞめ)などは、浴衣として着るのはもとより、白半襟をつけ白足袋、草履をはくことで、お出かけ着としての利用もできます。

 

そのときは、半幅帯でなくて名古屋帯を合わせて、着物の品格と合わせるようにします。

 

 

アクセサリー類をつけるのもいいですが、浴衣を着たときはできるだけ周囲からも涼しく見えるように心がけ、色使いを減らし、ヘアやメイクもすっきりとまとめるようにすると素敵です。

 

浴衣(ゆかた)の一例・絞り染め

(浴衣(ゆかた)の一例・絞り染め)

 

愛知県の鳴海地方で染められる絞り染めの浴衣は、絞りの凹凸がさらっとした肌ざわりで、着心地がよい浴衣です。

 

花火などのイベントはもとより、白半襟と白足袋をはいてお出かけ着にもできます。

 

絞り染めの浴衣も、豊富な色柄が生産されています。

 

絞りは専属の絞り手によって絞られていて、多様な柄で絹着物にも絞り染めが施されています。

 

 

浴衣のときの名古屋帯と半幅帯の合わせ方も紹介しています

 

浴衣を含め着物のときのアクセサリーについては⇒着物でピアス・アクセサリーはダメ?詳しくまとめてみました!



スポンサーリンク








  Yahoo!ブックマークに登録する はてなブックマークに登録する livedoorクリップに登録する イザ!ブックマークに登録する

二部式着物?ツーピース着物?いえいえ!きらこよしえ流『お気軽着物』です。

格安で着物を手に入れて、その着物をわずか3分で着付ける方法お気軽着物の作り方

格安で着物を手に入れて、その着物をわずか3分で着付ける方法お気軽着物の作り方

お気軽着物誕生物語はこちら

無料のプレゼント

着付けのおけいこ入門*浴衣で入門

管理人が作った無料プレゼントです。『浴衣入門』 ゆかたでおでかけできるまで

↓↓↓↓↓

無料テキスト『着物を始めたい!着付けのおけいこ入門・浴衣で入門』



不要になった着物は買い取りに出してます
その価値を活かしてもらえる「買取り」にだすのはどうでしょう?買取価格が値上がり中なんですって着物買取のヤマトク

ホーム RSS購読 サイトマップ
トップ 無料講座教材 メールマガジン プロフィール お気軽着物の作り方