紬(つむぎ)の着物

紬(つむぎ)の着物

スポンサーリンク

紬(つむぎ)の着物

紬の着物の例

紬(つむぎ)は、織りの着物で、適度なかたさのある生地で素朴な風合いが魅力のおしゃれ着です。

 

紬は主に外出着(百貨店へのお買い物、友人とのランチ、コンサートなど)として着用します。(小紋とほとんど同じ場面で利用できます)

 

紬は糸を染めてから反物に織る過程で、模様を織り出していったものです。

 

ですから縞、格子、亀甲模様、十字絣などに代表される、シンプルな繰り返し模様や、それらを組み合わせて模様を表出させたものなどがほとんどです。

 

染めものの着物よりは、かたく、色使いは単純です。

 

ですがそのシンプルな風合いが魅力のひとつで、人気の高い着物です。

スポンサーリンク


 

紬の歴史は、養蚕農家の女性の普段着から始まります。

 

つまりもともとは、養蚕農家が良質な絹を商品として仕上げたあと、残っている繭を利用して、普段に着る着物に用いていました。

 

ですからいわゆる「くず繭」とされる繭を煮て綿状にし、それを広げて糸を引き出していったため、糸にふしがあったり、織りあがりに凹凸が出来ていたりします。

 

おしゃれ着とはいうものの、落ち着いた色目のもの、柄がシンプルなものは、年齢の高い着物好きの女性がよくまとっています。

 

紬の代表格は結城紬と大島紬ですが、日本の各地で、得意とする模様や色の特色が受け継がれています。

 

 

紬の着物の例

 

合わせる帯は、主に染めの名古屋帯です。

 

きものの持つかたさを和らげる意味合いがありますが、織りの名古屋帯で合わせるのも、粋な雰囲気がかもし出せます。

 

紬ではありませんが、紬にそっくりな洗える着物(化繊の着物)もあります。

 

見た目は絹の紬によく似ているのですが、染めた糸から織ったというのではなく、反物にプリントしてあります。

 

絹の紬に比べると非常にお値打ちですので、気軽に利用することができます。

 

洗える着物の場合は、もちろん洗濯機で洗えるという利便性から着物の入門用、気軽なおしゃれ着として人気があります。

 

着物を着る人が減ったため、絹の紬は近年作られるものは、高級着物としての扱いのものが多く、訪問着のように柄が身頃をわたって表現されるような手間のかかる紬着物もあります。

 

小紋の着物、洗える着物など、その他のおしゃれ用着物は、下に項目があるのでご覧くださいね。

 

 

 


スポンサーリンク










二部式着物?ツーピース着物?いえいえ!きらこよしえ流『お気軽着物』です。

格安で着物を手に入れて、その着物をわずか3分で着付ける方法お気軽着物の作り方

格安で着物を手に入れて、その着物をわずか3分で着付ける方法お気軽着物の作り方

お気軽着物誕生物語はこちら

不要になった着物は買い取りに出してます

その価値を活かしてもらえる「買取り」にだすのはどうでしょう?買取価格が値上がり中なんですって

買取プレミアム

着物の高価買取専門【買取プレミアム】


  Yahoo!ブックマークに登録する はてなブックマークに登録する livedoorクリップに登録する イザ!ブックマークに登録する


ホーム RSS購読 サイトマップ
トップ メールマガジン プロフィール お気軽着物の作り方