着物の喪服の装い方・着付けとポイントのすべて

着物の喪服の装い方・着付けとポイントのすべて

スポンサーリンク

着物の喪服の装い方・着付けとポイントのすべて

着物の喪服の装い方・着付けとポイント

 

 

悲しみの儀式に着る喪服は、全体的に「つつましやかで清楚な」着付けを心がけます。

 

着付けのポイントとしては、衣紋は指3本くらいのあき具合で、衿は深めに合わせます。

 

半衿が1〜1.5センチくらい細めに見えるようにします。

 

 

 

 

 

 

 

 

着物の喪服の着付けポイント

 

背紋が背の真ん中にシワなく見え、前から見える袖の抱き紋が左右対称に見えるようにします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

着物の喪服の着付けポイント

 

帯揚げは少しだけ見えるくらい、帯締めは中心かやや下よりに締め、房は必ず下に向けます。

 

お太鼓の山は低めで、おはしょりは真っ直ぐ少なめで5〜6センチほどにします。

 

たれは短めで5〜6センチほどにします。

 

 

 

 

 

 

 

 

着物の喪服の着付けポイント

 

裾は床すれすれにし、あまり裾がすぼまり過ぎないようにします。

 

足袋はしろを履き、黒い草履を履いて、黒いバッグを持ちます。

 

 

お化粧も控えめにして、アイシャドウやアイライン、マスカラなどの部分メイクはしないか、ごく控えめにします。

 

口紅も薄く肌に近い色にします。

 

髪型もきちんと整えますが、ごくごく控えめにまとめます。長い髪は結ぶよう心がけます。

 

指輪や時計も基本的にはしません。

 

 

黒ばっかりで見にくい写真ですが、説明を参考にしてください。

 

 

着物の喪服のときに必要になってくるものについてはこちらを見てくださいね。
 ↓↓
着物の喪服(喪の装い)と必要になるもの




スポンサーリンク








二部式着物?ツーピース着物?いえいえ!きらこよしえ流『お気軽着物』です。

格安で着物を手に入れて、その着物をわずか3分で着付ける方法お気軽着物の作り方

格安で着物を手に入れて、その着物をわずか3分で着付ける方法お気軽着物の作り方

お気軽着物誕生物語はこちら

不要になった着物は買い取りに出してます

その価値を活かしてもらえる「買取り」にだすのはどうでしょう?買取価格が値上がり中なんですって

買取プレミアム

着物の高価買取専門【買取プレミアム】


  Yahoo!ブックマークに登録する はてなブックマークに登録する livedoorクリップに登録する イザ!ブックマークに登録する


ホーム RSS購読 サイトマップ
トップ メールマガジン プロフィール お気軽着物の作り方