片流し(半幅帯)の結び方・手順を写真入りで解説しました

片流し(半幅帯)の結び方・手順を写真入りで解説しました

スポンサーリンク

片流し(半幅帯)の結び方・手順を写真入りで解説しました

片流し半幅帯の解説

片流しと呼ばれる帯結びは、半幅帯か浴衣帯で結ぶ帯結びです。

 

浴衣を着たとき、普段用の着物(ウール、木綿、洗える着物)のときに主に用います。

 

左右の羽根の形と大きさが違う結びで、後ろ姿が、シャープで粋な雰囲気になります。

 

20代以降、どんな年代の方にも結んでいただける帯結びですが、どちらかというと痩せているか普通体型の方に似合う帯結びです。

 

羽根の大きさを変えることで表情が変わりますので、ぜひ試してみてくださいね。

スポンサーリンク


 

 

片流し(半幅帯)の結び方

片結び・胴に二巻きして手先を上にしてひと結びします

 

手先の幅を半分に折って、55センチほどとって、胴に二巻きします。

 

手先を上にして、しっかりとひと結びします。

 

手先はクリップで衿に留めておきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

片結び・たれ元から羽根をつくる

 

たれの元をしっかりと開いてから、たれ元から羽根を作ります。

 

羽根は左側に二枚、右側に残りのたれを左側の羽根より長めにとります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

片結び・羽根の中央に一つ山三枚ひだをとる

 

羽根を作ったら、羽根の中央に一つ山三枚ひだをとります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

片結び・手先をおろして羽根の中央にかけ結び目を通します

 

手先のクリップをはずして下におろし、羽根の中央から結び目の裏を通って、上に引き抜き、引き締めます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

片結び・手先を胴の裏側に通します

 

手先を胴帯の裏側に通します。

 

手先が胴帯より下に出ている分は、外巻きに2〜3回巻いて、胴帯の中におさめます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

片結び・羽根のバランスをととのえ完成です

 

羽根のバランスを整えて、片流し結びの完成です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

片結び・左の短い上の羽根の形を変えてみました

 

これは、上の写真のものの、左の短い上の羽根の形を変えてみました。

 

ちょっとだけ、見た目も変わりましたね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

片結び・ウールの半幅帯で結んでみました

 

こんどは、ウールの半幅帯で結んでみました。

 

たれの長さによって、作れる片流しの形が変わってきます。

 

このウールの帯は短いので、この形しかできませんが、かわいい感じになりました。

 

 

帯の材質が色、羽根をどれくらいの大きさにするかで、ずいぶんと雰囲気が変わってきますので、ぜひお試しください。

 

 


スポンサーリンク










二部式着物?ツーピース着物?いえいえ!きらこよしえ流『お気軽着物』です。

格安で着物を手に入れて、その着物をわずか3分で着付ける方法お気軽着物の作り方

格安で着物を手に入れて、その着物をわずか3分で着付ける方法お気軽着物の作り方

お気軽着物誕生物語はこちら

不要になった着物は買い取りに出してます

その価値を活かしてもらえる「買取り」にだすのはどうでしょう?買取価格が値上がり中なんですって

買取プレミアム

着物の高価買取専門【買取プレミアム】


  Yahoo!ブックマークに登録する はてなブックマークに登録する livedoorクリップに登録する イザ!ブックマークに登録する


ホーム RSS購読 サイトマップ
トップ メールマガジン プロフィール お気軽着物の作り方