男性の着物の着方(着付け方)

男性の着物の着方(着付け方)

スポンサーリンク

男性の着物の着方(着付け方)

着付けイメージ

男性の着物の着方の説明です。

 

男性の場合は、下着をつけ足袋をはいたあと、長じゅばん、着物を着、帯をしめます。

 

順を追って説明します。

 

下着は和装用のものであれば、肌じゅばんとすててこですが、特に和装用にこだわらなくても、それに代わるものであればかまいません。

 

下着を付けたら、足袋を履きます。

 

足袋は普段用なら紺やねずみ色などの色つきのものを、しっかり開いてつま先をきっちりつけてはいていきます。

スポンサーリンク


 

やせている方は、お腹周りにフェイスタオルやバスタオルを巻いて、腰紐で留めます(お腹のくぼみを解消して寸胴にすると着物姿が映えます)。

 

半衿のついている長じゅばんに袖を通して、袖山を両方ピンとはり、背中心が体の中央にくるようにします。

 

長じゅばんの衿が首の後ろにぴったり添うようにして、下前の衿先を持って、左の腰にあてて放し、次に上前の衿先を持って右の腰にあてます。

 

長じゅばんの衿が体の前の中央で交差されているのを鏡で確認します。

 

腰紐をおなかのやや下に二巻きして、しっかり締めます(後ろが少しあがるように巻きます)。

 

 

次は、着物(長着)に袖を通します。

 

着物の袖山を両方の指先でつまみもってピンとはり、背中心が体の中央にくるようにします。

 

着物の衿が首の後ろにぴったり添うようにして、下前の衿先を持って、左の腰にあてて手を離します。

 

次に下前が動かないよう左のひじで押さえて、上前の衿先を持って右の腰にあて手を離します。

 

このとき半衿が左右対称に1.5センチから2センチ見えているように衿を合わせます。

 

腰紐かそれに代わる男性用伊達締めを、お腹のやや下に二巻きしてしっかり締めます(後ろが少しあがるように巻きます)。

 

着あがりは、上半身がゆったりとした感じで、着物の背中心が必ず背中の真ん中に来ているのを確認します(片手を背中にもっていき、背中心を指先でなぞってみるとわかります)。

 

歩きやすくするため、着終わったら、脚を肩幅以上に開いて腰を落とし、股割りをしておきます。

 

 

男性帯結び貝ノ口

 

このあと普段用の着物には、兵児帯か角帯(かくおび)をします。

 

男性の帯の結び方については、詳細そ解説予定です。しばらくお待ちください。


スポンサーリンク








  Yahoo!ブックマークに登録する はてなブックマークに登録する livedoorクリップに登録する イザ!ブックマークに登録する

二部式着物?ツーピース着物?いえいえ!きらこよしえ流『お気軽着物』です。

格安で着物を手に入れて、その着物をわずか3分で着付ける方法お気軽着物の作り方

格安で着物を手に入れて、その着物をわずか3分で着付ける方法お気軽着物の作り方

お気軽着物誕生物語はこちら

無料のプレゼント

着付けのおけいこ入門*浴衣で入門

管理人が作った無料プレゼントです。『浴衣入門』 ゆかたでおでかけできるまで

↓↓↓↓↓

無料テキスト『着物を始めたい!着付けのおけいこ入門・浴衣で入門』



不要になった着物は買い取りに出してます

その価値を活かしてもらえる「買取り」にだすのはどうでしょう?買取価格が値上がり中なんですって

買取プレミアム

着物の高価買取専門【買取プレミアム】

ホーム RSS購読 サイトマップ
トップ 無料講座教材 メールマガジン プロフィール お気軽着物の作り方